パッケージでご利用中のミドルウェア入れ替え支援策

パッケージで利用しているミドルウェアの入れ替えをご検討中のパートナー様への支援策をご紹介します。

組込み・OEM制度

富士通の豊富なミドルウェア製品群の中から、パートナー様の製品に必要な機能を絞ってライセンス提供(OEM)する制度です。さまざまな製品形態(ソフトウェア組込み型、サービス素材型、ハードウェア組込み型など)を開発 / 販売できます。

移行アセスメントサービス

他社製ミドルウェアから富士通製ミドルウェアへ移行するためのアセスメントを実施しています。移行元のシステム構成やミドルウェアの使用状況、移行元システムの資産(プログラム、スクリプト、SQL、定義体など)から、移行方針やお薦めする移行方法についてお答えします。

移行先となる主な富士通製ミドルウェア製品

  • FUJITSU Software Interstage Application Server
  • FUJITSU Software Symfoware Server
  • FUJITSU Software Interstage List Creator

詳しくは下記「ミドルウェア移行支援」のページをご覧ください。

FUJITSU MetaArc Marketplace

FUJITSU MetaArc Marketplaceは、富士通のデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc(メタアーク)」上で展開するクラウドサービスやAPI、パートナー様が開発したMetaArc対応ソフトウェア、サービスを掲載しています。マーケットプレイスを訪れるお客様は、パートナー様と富士通が提案するラインナップから役立つソリューションを探してWeb注文し、すぐに使うことができます。パートナー様と富士通とお客様をつなぎ、ビジネスのデジタル化、新たな共創を実現します。

パートナープログラム

お客様ビジネスを支えるソリューションを、富士通とともに提案していただけるパートナー様のためのプログラムです。FUJITSU Software パートナープログラムは、パートナー様との長期的な共存・共栄関係を築くことを目的としています。

お客様総合窓口

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ