GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2005年 >
  4. 新ASP型eラーニングサービス「ASP-NEXT」を提供開始

プレスリリース

2005年10月27日
株式会社富士通ラーニングメディア

個人情報保護対策などの全社一斉eラーニング研修の 導入・運用・管理をサポート 新ASP型eラーニングサービス「ASP-NEXT」を提供開始

-コース準備から受講開始まで 最短1日でスタート可能-

国内最大規模の総合人材研修企業 株式会社富士通ラーニングメディア(代表取締役社長:岡田恭彦、本社:東京都大田区)は、eラーニング研修の導入・運用・受講管理機能を大幅に充実させた新ASP型eラーニングサービス「ASP-NEXT」を2005年10月27日より提供開始いたします。

昨今のeラーニングサービスは、従来のIT/ビジネス研修や新人研修などの個別スキル修得にとどまらず、個人情報保護法対策や環境・コンプライアンスなどの全社一斉研修、新商品の導入時研修など多岐に渡る分野に利用が進んでいます。受講開始までのスピードや受講情報の機密性が要求されるとともに、導入時のシステム構築や管理データの増加により、受講開始後の運用・管理の負担が増大しております。

こうした背景から、このたび提供開始する新ASP型eラーニングサービス「ASP-NEXT」は、当社eラーニングサービスの長年の実績と活用ノウハウをもとに、お客様のニーズを考慮したソリューションとして開発されました。最短1日で環境設定が完了、受講スタートできるというスピーディな導入が可能です。ご利用開始後もお客様自身による運用が可能な他、受講者へのフォローメールを自動送信するなど、モチベーションアップを考慮した効率的な運用が可能となります。
      ※ASP:Application Service Provider

サービスの特長

Point1    スピーディな導入が可能

  • サーバー購入・構築などは一切不要。手軽にeラーニングを導入できます。
  • 当社の運用ノウハウを基に、お客様にとって最適な運用方法を設計します。
  • 最短1日で環境設定は完了し、コース準備から受講開始までスタートできます。

Point2    強力なサポートメニュー

  • コンテンツや受講者などの登録(一括登録も可能)をすべてお客様が行なえます。
  • 登録代行サービスを様々なパターンで用意しています。人手の足りないお客様を当社が強力にサポートします。

Point3    充実した受講管理機能

  • 進捗率や合格点に応じて、フォローメールを自動送信。受講者のモチベーションアップが図れます。
  • 成績情報は、様々な角度で分析でき、CSV形式で保存できます。
  • 受講だけでなく、模擬テスト、レポート課題の提出・採点、アンケートの提出・自動集計も可能です。
  • 国際標準規格SCORM1.2に完全準拠しています。

当社では、今後ともIT業界およびビジネス全般のユーザーの皆様にご満足いただけるよう人材育成に関する 各種サービスを提供してまいります。

サービスの概要

URL:http://www2.knowledgewing.com/e_l/aspnext.html

サービス名称

ASP- NEXT

提供開始

2005年10月27日

価格

初期(構築/運用設計)費用は別途、個別見積もり。

  • ご契約は1年単位とし、2年目以降10%、3年目以降20%を標準価格から割引くサービス有り。
  • 1GB迄のコンテンツ容量を搭載可(コンテンツ数の制限なし)。
  • 既に運用設計が済まれているお客様は、初期(運用設計)費用は不要。

販売目標

2005年度: 250百万円
2006年度: 300百万円
受講開始までの流れ
ご利用イメージ

動作環境

  • ブラウザ ・・・・Windows98SE/Me/2000/XP上で動作する、IE6.01SP1、またはNetscape7.1
  • ネットワーク環境  ・・・・インターネットに高速回線(1Mbps以上推奨)で接続されている環境
  • その他
    • ご利用の教材により、Windows Media Player, Macromedia Flash, RealPlayer等のプラグインが必要になります。
    • 搭載コンテンツは当社にて受託開発したコンテンツ、お客様独自コンテンツです。(当社コースは別途ご相談)
    • サービスにストリーミングデータ配信を含む場合、ストリーミングデータ再生には、Windows Media Player 6.4 以降が必要になります。
    • SCORM教材の学習ツール、ランダム抽出テストの分析ページのレーダーチャート、成績参照ページのアンケートのドーナツグラフ を使用する場合、Microsoft 仮想マシン (Microsoft VM)、または、Java 2 Runtime Environment, Standard Edition, v 1.4.2が必要になります。

本件に関するお問い合わせ

ビジネスプロモーション部  広報担当
ホームページ: お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

ビジネスプロモーション部
icon-telephone 電話: 0120-860-503
ホームページ: お問い合わせフォーム

以上