プレスリリース

2020年2月25日

株式会社 富士通ラーニングメディア

DXを加速する5Gの人材教育プログラムを開始

 総合人材育成企業 株式会社富士通ラーニングメディア(代表取締役社長:青山昌裕 本社:東京都港区)は、このたび、お客様の第5世代移動通信方式(以下 5G、(注1))やローカル5Gの利用促進に向けて、人材教育プログラムを開始します。
 具体的には、5Gの利用およびローカル5Gを活用したサービスの展開を目指す企業や団体向けに、5Gやローカル5G関連のエリクソン・ジャパン社の公開講座を本日より申込受付し、3月23日より提供します。
 今後も、当社は、人材育成コースの提供を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に貢献していきます。

背景

 昨今、日本国内で予定されている5Gの商用利用および移動体通信業界でなくとも自営で取り扱い可能なローカル5Gの普及が見込まれる中、業界を問わず5Gビジネスを担うDX人材の需要が高まっています。
 一方で、例えば、様々な用途に合わせてローカル5Gを有効利用していくためには、同ネットワークの特長を踏まえた知識やノウハウが必要であり、それらを習得した人材の確保が課題となっています。
 このたび、当社は、社内外向けに5G・ローカル5Gに精通する人材の教育プログラムを整備し、提供を開始します。 

教育講座について

1.目的  
 企業や団体などのお客様において、5G・ローカル5Gに精通する人材の育成を支援。

2.内容  
 エリクソン・ジャパン社による5G・ローカル5G関連の公開講座を提供開始。
 具体的には、5Gやローカル5Gを活用したサービスを提供したいお客様向けに、5G・ローカル5Gの概要と活用事例を紹介するコースや、より技術中心の内容を学びたいお客様向けには、5G・ローカル5Gのネットワーク技術および基礎となる移動体通信網の技術を解説するコースなどを提供。

3.価格
 30,000円(税別)より 

今後の展望

 当社は、教育講座において、2021年度末までに、製造業や自治体などのお客様をはじめとする200社の受講を目指します。さらに、今後、実技も含めた新たなコースの提供も検討し、DX領域の教育を強化していきます。

商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。   

注釈

(注1) 第5世代移動通信方式(5G):3GPP 5th Generation方式の略称。富士通を含む世界の主要な移動体通信関連会社などが加盟し、全世界での移動体通信の標準規格を策定するパートナーシッププロジェクトである3GPP(3rd Generation Partnership Project)において、新たに規定される第5世代の移動体通信の標準規格。5Gの標準規格は、既存のLTE/LTE-Advanced方式に対して高速化、大容量化、低遅延かつ高信頼化などの実現が合意されており、2017年12月にその標準仕様の初版策定が完了。

関連リンク

・富士通ラーニングメディアの5G関連公開講座サイト
https://www.knowledgewing.com/kw/recommend/course/5g.html

株式会社富士通ラーニングメディアについて

 国内最大規模の総合人材研修企業として企業の人材育成のトータルソリューションを提供しております。あらゆる業種の企業や公共機関・団体を対象に、「ITテクニカルスキル」から「ヒューマン・ビジネススキル」まで、オープンコースを約1,500コース、年間約96,000人の受講者に提供しております。
 URL:https://www.fujitsu.com/jp/group/flm/

本件に関するお問い合わせ

プロモーション推進部(広報担当)

tel  03-6710-1490

mail  flm-pr@cs.jp.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

お客様総合センター

tel  0120-55-9019