健康経営宣言について

今般当社は、「富士通ラーニングメディア 健康経営宣言」を以下の通り制定いたします。
従来から実施している安全衛生活動を基盤に、社員と、社員を日々支えてくださるご家族が心身ともに健康でいられることを目指し、活動を推進してまいります。

富士通ラーニングメディア 健康経営宣言

お客様の人材育成を支える会社を目指す当社にとって、社員一人ひとりの健康と、社員を日々支えてくださるご家族の健康は、何ものにも代えがたい財産であると考えております。

社員一人ひとりが仕事に生きがいや喜びを感じ、個人としても組織としても成長していけることを目指し、今般当社は『健康』を重要な経営課題の一つと位置づけ、「富士通グループ健康宣言」のもと「富士通ラーニングメディア健康経営宣言」を制定いたします。

従来から実施している安全衛生活動を基盤に、社員とそのご家族が心身ともに健康で、元気にいきいきと働ける職場づくりを通じ、最高水準の知のサービスを提供し続け、お客様の真の人材育成パートナーとなれることを目指します。

活動方針

  1. 生活習慣病リスクの低減を目的に、卒煙・食事・運動などの観点で支援を行ないます
  2. 禁煙、生活習慣病、メンタルヘルスなどをテーマに、ヘルスリテラシー向上に努めます

体制

代表取締役社長を最高責任者として、安全衛生委員会を中心に、人事部門、産業医・看護師が相互に連携する体制を構築しています。

体制図

当社の健康課題について(産業医からのアドバイス)

デスクワーク中心の業務が多く、運動不足に陥りやすい状況となっているため、若年層から生活習慣病リスクを抱える従業員もいる。
従業員の生活習慣(食事・運動・喫煙)にアプローチすることで、将来的な生活習慣病の予防や、生活習慣病と診断された場合の改善に努めることが望ましい。

健康意識の向上へ向けた取り組み

・健康診断受診の徹底  法定の健康診断項目に年齢別に胃部検査、便潜血検査などの検査を追加した定期健康診断を実施し、産業医・産業保健スタッフによる結果のフィードバックにより、健診結果の正しい理解と健康意識の向上を図るとともに、精密検査や医療機関の受診を勧奨し、生活習慣病の予防・改善に取り組んでおります。
【BMI適正率の推移】
2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
63.8%64.7%66.3%66.7%67.1%

メンタルヘルスに関する取り組み

・ワークライフバランスがメンタルヘルス対策の重要な要素と捉え、夏季期間の連続休暇取得を推奨するなど、年次休暇が取得しやすい環境の整備に努めております。
【年次休暇取得率の推移】 
2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
77%70%77%69.5%65.0%

・ストレスチェックによるメンタル不調者の早期発見を実施
【ストレスチェック実施率の推移】
2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
93.5%89.8%91.6%93.0%64.5%

 ・一定期間休職後の復職体制の充実(産業医と上司と人事が密に連携し、各人の状況応じた復職支援の実施)

食に関する取り組み

・食事に関するセミナーの開催img3
-食育ランチセミナー「たった1時間で完全理解 FLMにあった健康的な食事方法」の開催
株式会社OKAN様の講師(保健師の資格保有者)にご協力いただき、 当社の働き方にあった食事方法や、ご家庭で活かせる栄養知識などを分かりやすく伝えていただきました。(参加者18名)

-食育ウェビナー「糖尿病・高血圧・高脂血症など生活習慣病を予防する食生活」の開催 
株式会社aider[エデ]所属講師(管理栄養士)をお招きし、新型コロナウイルスの影響による長期的な外出自粛による栄養バランスの乱れや「コロナ太り」解消、仕事のパフォーマンスを上げるための眠くならない食事方法について講義いただきました。(参加者15名)


・食育マルシェの開催

食のスペシャリスト(フードメッセンジャー)にお越しいただき、野菜をテーマにした講話を実施し、参加者に採れたての野菜を配布するセミナーを開催いたしました。(参加者18名)

運動に関する取り組み

・富士通グループ全社ウォーキングイベント「みんなで歩活」へ参加し、運動習慣作りのきっかけとしています。
【参加者数の推移】
2018年(春)2018年(秋)2019年(春)2019年(秋)2020年度
36名33名41名43名263名

・産業医によるピラティス入門セミナー開催img4
当社の契約産業医が講師になり、ピラティス入門セミナーを開催いたしました。 「ヨガとピラティスの違い」や、ダイエットやスポーツで話題の「体幹」の重要性を学び、 運動習慣の大切さを考える機会となりました。(参加者8名)


・健康な身体作りのための「ファイトネスセミナー」開催

格闘技とフィットネスを融合した新しいタイプのエクササイズで、格闘技の楽しさを体感してもらいながら、健康な体づくりやストレス発散を行なっていくセミナーを開催いたしました。 (参加者12名)

-運動ウェビナー「これだけの動きで肩こり・腰痛の予防・解消?! 」の開催 
株式会社aider[エデ]所属講師(フィットネスインストラクター)をお招きし、長引く外出自粛やテレワークによる座りっぱなし・運動不足による体の不調を訴える人向けに、オフィスや自宅で手軽にできるエクササイズのやり方を講義いただきました。(参加者12名)

-『RIZAPウェルネスチャンネル』の提供
富士通グループ施策として、『RIZAPウェルネスチャンネル』を提供。自宅で気軽に、無料でRIZAPのプログラムを体験できるようになりました。

 

喫煙に関する取り組み

・富士通グループ施策「みんなで禁煙チャレンジ」へ参加し、喫煙率の改善を目指しております。
【エントリー者数の推移】
2018年度2019年度
挑戦者1名
サポーター2名
挑戦者2名
サポーター6名
【喫煙率の推移】
2017年度2018年度2019年度2020年度
19.0%17.8%15.3%13.5%

事業所内「終日」禁煙の実施
受動喫煙被害の低減、喫煙者の健康リスク低減、喫煙に対する社内意識改革を目的に、2020年10月1日から事業所における「終日」禁煙をルール化しました。
 

がん対策

生活習慣の改善による予防と健診による早期発見・早期治療を基本施策とし、法定の健康診断実施時に年齢別に胃がん、大腸がん、前立腺がん検診を追加して定期的な受診を推進しています。婦人科健診(子宮頸がん、乳がん検診)については富士通健康保険組合が、女性全員を対象として実施しています。また35歳時にはピロリ菌抗体検査を実施、陽性者には精密検査を行い、胃がんの発症リスク低減に取り組んでいます。
【婦人科健診受診率】 
2020年度
53.7%
 

女性の健康への取り組み

・イントラネット内に女性の健康ポータルサイトを開設し、女性特有の健康に関する相談窓口、ライフステージに応じた健康情報、各種セミナーの開催情報などの情報発信を行っています。

・情報発信の対象者を女性社員だけに限定せずに全社員とすることで、全社員が女性特有の健康問題に正しい知識や関心を持ち、女性がはたらきやすい職場づくりを推進し、女性社員の活躍を支援しています。
 

FUJITSU頭痛プロジェクト

富士通および国内グループ会社では、2020年度より国際頭痛学会および日本頭痛学会と共同で世界初の企業における頭痛改善プログラムを実施しています。2018年に富士通、WHO、国際頭痛学会、日本頭痛学会の4者が共同で実施したアンケート調査において、頭痛の有病率が非常に高く、頭痛が日常生活や仕事の生産性に大きな影響を与えているという結果がでました。これを踏まえ、eラーニング「頭痛の正しい知識と対処法」を起点として、ビデオセミナー、専門医との頭痛相談、頭痛体操など、様々なプログラムによって、頭痛の改善によるQOLの向上、仕事の生産性の向上を図るとともに、社員の頭痛への理解をすすめ、頭痛患者が安心して働きやすい職場づくりを推進しています。
(2020年度に実施した頭痛に関するeラーニングの修了率は95%と高い水準となりました)

健康経営に関する紹介記事の共有

・株式会社OKAN様に当社の職場活性化に関する取り組みを紹介いただきました
もらって嬉しい!あげても嬉しい!サンクスカード|富士通ラーニングメディア
 

富士通グループの健康経営について