Skip to main content

Japan

修正内容の参照 Spread V2

Spread V2 Update一覧

Ver 2.2.2.9

  • CelTextChanged内で行数を変更した場合に落ちるのを防ぐ。
  • exeの場合にリスト/コンボボックスでCelTextChangedイベントが2回上がるバグを修正。

Ver 2.2.2.4

  • フォントが小さくなる件/初期起動でタイトルチップが表示されてしまう現象を修正。

Ver 2.2.2.2

  • フォントが小さくなる件/初期起動でタイトルチップが表示されてしまう現象を修正。

Ver 2.2.2.1

  • IMEの入力を「かな」にしていてもIMEModeを設定すると「ローマ字」になる不具合修正。

Ver 2.2.2.0

  • 列数変更時、データ・プロパティを保証するように修正。
  • スクロールバーのボックスサイズがおかしくなる現象を修正。

Ver 2.2.1.20

  • スクロールバーのボックスサイズがおかしくなる現象を修正。
  • ウィンドウ分割時、固定表示時のスクロール処理、レンジ計算の修正。
  • 左優先マージの現象を修正。

Ver 2.2.1.19

  • マルチブロック時のスクロール処理に対応。

Ver 2.2.1.18

  • スクロールバーの制御が正しく行われるようにポジション値を修正。
  • RowsText、ColsTextを使用すると、ヘッダー部にデータが設定できない現象を修正。
  • V3.0.0.2、V3.0.1.3で修正したセルカーソルの移動制御の問題を修正。

Ver 2.2.1.17

  • 表分割している場合に行数列数を変更すると異常終了する現象を修正。
  • 固定表示時にスクロールするとセルカーソルの描画がおかしくなる現象を修正。

Ver 2.2.1.16

  • 固定表示機能使用時のスクロールバーのレンジ設定の現象を修正。
  • カーソルが画面外の場合にセルをクリックすると連続的にスクロールする現象を修正。

Ver 2.2.1.15

  • スクロールバーの32767の制限のため、スクロール制御を1/10の値で行うように修正。

Ver 2.2.1.14

  • スクロールバーのつまみの位置やスクロール位置の問題を修正。
  • Spreadの大きさを超えたセルがある場合にセルカーソルが消える現象を修正。

Ver 2.2.1.13

  • IME入力すると、1文字目の入力でCelTextChangedイベントが上がる現象を修正。

Ver 2.2.1.12

  • Redraw=FALSEの場合にAddItem、DeleteItemを実行すると異常終了することがある現象を修正。
  • レコードマージフォーマットで行セパレータの判定ミスを修正。

Ver 2.2.1.11

  • 右クリックでメニューを表示した後、グレー部に残像が残るの現象を修正。
  • スクロールすると残像が残る現象を修正。

Ver 2.2.1.10

  • セルカーソルが画面外にある場合、カーソルキー押下で表示開始位置がおかしくなる現象を修正。

Ver 2.2.1.9

  • レコード定義フォーマットに全角文字を含む場合、セパレータを誤認識する現象を修正。
  • OnFixedLeftRecordChanged()の不要コードを削除。

Ver 2.2.1.8

  • Rows/Cols変更時に列単位/行単位のプロパティを保証するように修正。 (セル単位のプロパティについては保証されない)

Ver 2.2.1.7

  • マルチブロック時、幅が0の列がある場合のセルカーソル移動の現象を修正。
  • 矢印キー押下で、幅が0の列にはセルカーソルが行かないように修正。

Ver 2.2.1.6

  • マウスでのセルサイズ変更で、まれに行ヘッダー部の幅も変わる現象を修正。
  • セルサイズ変更時、固定表示の分割線の位置を再計算するように修正。
  • 固定表示部もマウスでのセルサイズ変更を可能に修正。
  • 操作性UPのため、マウスでのセルサイズ変更の有効領域を広げた。

Ver 2.2.1.5

  • VB6で固定表示時のカーソルラップで描画が崩れる現象を修正。
  • 固定表示時、マージセルがあるとセルカーソルが別ウィンドウへ移動してしまう現象を修正。
  • フォーカス取得時の処理でNULLポインタを参照することがある現象を修正。

Ver 2.2.1.4

  • フォント変更時のオートフィット対応。
  • Spread右クリックで、複数のコンボボックスが表示されてしまう現象を修正。
  • 編集状態から確定した場合はSetFocusイベントを上がる点を上がらないように修正。

Ver 2.2.1.3

  • 列境界ダブルクリックで異常終了する現象を修正。
  • 固定表示部分はマウスでのセルサイズ変更を禁止するように修正。
  • 固定行数の判定ミスを修正。

Ver 2.2.1.2

  • グレー部に余分な線が描画される現象を修正。
  • ペースト時に入力禁止セルがマーキングされてしまう現象を修正。
  • マージが解除される場合がある現象を修正。
  • フォント変更時にセル幅がおかしくなる現象を修正。

Ver 2.2.1.1

  • MFC6対応に伴う修正。
    →MFCのバージョンチェックを追加。
    →縦スクロール時のセル境界の描画の不具合を修正。

Ver 2.2.1.0

  • MFC6対応に伴う修正。
    →スクロール処理、マウスカーソル処理。

Ver 2.2.0.8

  • RedrawプロパティがFALSEの状態の時にデータ設定すると、テキスト長を計算しないので列幅自動調整機能が使用できなくなる現象を修正。

Ver 2.2.0.7

  • セルプロパティの構造体展開処理に誤りがあった現象を修正。
    (デフォルト値の場合展開をしていなかった)

Ver 2.2.0.6

  • タイトルチップ表示時に親のフォームが全面に出てしまうため表示形式を変更。
  • OnCreate()-SetClassLong()で他のコントロールのマウスポインタを変更してしまうため、クラス名を変更する。(AfxOleControl42→GKitOCXSpreadV2)

Ver 2.2.0.5

  • 画面サイズを超えるマージセルへセルカーソルを移動させると表示がおかしくなる現象を修正。

Ver 2.2.0.4

  • Rows、Cols変更時にデータクリアするのは非互換が発生するため元に戻す。
  • 表分割時に不当な位置に縦線が描画される現象を修正。
  • SelectShow変更時は、Spreadを再描画するように修正。

Ver 2.2.0.3

  • 下方向にページスクロールすると、DspPlaceChangeイベントが3回発生する現象を修正。

Ver 2.2.0.2

  • 下方向にページスクロールすると、DspPlaceChangeイベントが3回発生する現象を修正。

Ver 2.2.0.2

  • チェックボックス型の場合、クリックすると表示テキストが消えることがある現象を修正。
  • レコード定義時、1レコードの行数を減らすと異常終了することがある現象を修正。
  • カスタム型の場合、フォーマットによっては正しくデータが表示されなくなる現象を修正。
  • フォームを閉じた時に、異常終了することがある現象を修正。

Ver 2.2.0.1

  • マウスドラッグ中はタイトルチップを表示しないように修正。

Ver 2.2.0.0

  • VB6対応。

Ver 2.1.3.11

  • マルチライン表示時、水平位置の指定できるように変更。

Ver 2.1.3.10

  • キャプション設定時、横スクロールするとマージセルのセル境界が表示されなくなる現象に対応。

Ver 2.1.3.9

  • マルチブロック&上固定部マージで表示がおかしくなる現象に対応。

Ver 2.1.3.8

  • InitイベントでRefresh()を呼ぶとスクロールバーが消滅する現象の対応。
  • 横スクロールするとマージセルのセル境界が表示されなくなる現象に対応。
  • Colsに同じ値を設定したとき、マージモードが解除されないように変更。
  • Rows、Colsを変更すると、空白セルにデータがずれ込んで表示される現象の対応。
  • 行操作メソッドのデータ保存部の変更。
  • 編集中のマウスポインタをIビームに変更。
  • マージモードの判定方法の誤りを修正。

Ver 2.1.3.6

  • 複数行表示の場合、ワードラップしないように変更。
  • 1回目のコンボボックスのサイズがセルの大きさに合うように変更。

Ver 2.1.3.5

  • クリップボードへのコピー時に、EmptyClipboard()関数を呼ぶように変更。
  • マルチライン入力をESCで確定したときCelTextChangeイベントが2回あがってしまう現象に対応。

Ver 2.1.3.4

  • PowerCOBOLでチェックボックス型のセルにデータを設定できるように変更。
    (ただし、BARTYPEがVT_CY|VT_BYREFで、セルがチェックボックス型の時のみ)

Ver 2.1.3.3

  • レコード定義時にセルカーソルが消える現象に対応。
  • マージセルが固定表示部の境界のとき正しく描画されなるように変更。
  • マルチラインエディットのブラシ削除処理を追加。
  • ツールチップの表示チェックを変更。

Ver 2.1.3.2

  • セルにNULL文字列がある場合、ソート結果が変わる現象の対応。
  • リストボックス非表示時に、グレー部に描画が残らないように変更。
  • CaretScrollプロパティがFALSEの場合は、Ctrl+矢印キーでセルカーソルを移動しないように変更。

Ver 2.1.3.1

  • セルタイプにマルチライン型をサポート。

Ver 2.1.2.12

  • Sortメソッドでソートキーとなる列に同じデータがある場合に、ソート結果が毎回異なってしまう現象を対応。

Ver 2.1.2.11

  • Pasteメソッドでクリップボードからセル数を超える範囲のデータを貼りつけた場合、異常終了する問題を修正。
  • 編集中に固定部をクリックすると、他のセルへデータが格納される現象を対応。
  • フォーカスを取得した場合に、Spreadの描画が一部正しく行われない現象を修正。

Ver 2.1.2.10

  • 固定表示部がマージされている場合、カーソル枠を移動すると表示位置が変わる現象を対応。

Ver 2.1.2.9

  • 固定表示時、ヘッダー部をクリックしたとき固定表示部の開始位置が適切になるよう変更。
  • 固定表示時、幅が0のセルが最終列にあった場合、カーソルラップで次行の先頭列に移動したときの表示開始位置を変更。
  • マルチライン表示の場合はセル高さのマージンを2増やした。

Ver 2.1.2.8

  • ウィンドウ分割時、マウスでの列幅・行高さの変更がずれる現象を対応。

Ver 2.1.2.7

  • 初回のQueryDataイベント内でRowsプロパティを設定すると異常終了する問題を修正。
  • 固定表示機能使用時、固定表示ウィンドウからSpreadの領域外へマウスドラッグすると表示開始位置がずれる現象を対応。
  • Ctrl+矢印キーでカーソル枠を移動した場合、移動先がマージされているとカーソル枠が非表示になる現象を対応。
  • リストボックスの表示位置・サイズの計算を変更。

Ver 2.1.2.6

  • MDIの子ウィンドウにSpreadを貼りつけている場合、Spreadをクリックするとウィンドウがアクティブになるように変更。
  • Sortメソッドを金額・時間型でも動作できるように変更。
  • Sortメソッドでマイナス値がある場合にソート結果の不具合を修正。

Ver 2.1.2.5

  • 編集状態で、書込み禁止セルを右クリックすると異常終了する問題を修正。
  • 固定表示機能仕様時、不可視行・列で表示開始位置が変わらないように変更。

Ver 2.1.2.4

  • 性能改善 -セル構造体の展開処理修正-

Ver 2.1.2.3

  • 固定部での列幅・行高さ変更を可能とした。
  • 金額型でカンマが適切な位置に表示されるよう変更。

Ver 2.1.2.2

  • 性能改善-初期化処理

Ver 2.1.2.1

  • 性能改善-メモリ削減 1セル当たり136Byte → 80Byte(40パーセント削減)

Ver 2.1.1.6

  • ダブルクリックでセル幅を自動調整が出来るように変更。
  • 金額型のセルをCelDataプロパティで参照するとマイナス値になる現象を対応。
  • スクロール時のスクロールバーの動作を変更。
  • 書込み禁止セル上にマウスカーソルがあると、スペースキーでチェックボックスを動作させることが出来なくなる現象を対応。
  • Shift+クリックによるセルの範囲選択をサポート。
  • 固定部の(1,1)や(2,2)をクリックした時は、全選択状態にするように変更。
  • スクロールバー・ボックスの表示位置の変更。

Ver 2.1.1.5

  • コンボボックスのドロップダウン表示を廃止。(入力に影響が出るため)
  • コンボボックスのスタイルを変更。(常にスクロールバーを表示)
  • 編集タイプがエディット以外の場合、フォームに貼りつけているコマンドボタンのショートカットを使えるように変更。
  • リストボックスでEnterキーで確定できない現象を対応。

Ver 2.1.1.4

  • MDIの子ウィンドウにSpreadを貼りつけている場合、Spreadをクリックするとウィンドウがアクティブになるよう変更。

Ver 2.1.1.3

  • CelTextChangeイベントが2回あがる現象を対応。