IoT技術の活用で、イベント来場者の行動・関心を可視化

EXBOARD for Exhibition

イベント来場者の行動・関心を可視化し、新たな価値を創出

「EXBOARD for Exhibition」は、大勢のお客様が来場するイベント会場において、センサー技術を活用し、エリアごとの滞留数や特定のお客様の位置情報の把握、お客様の興味・関心度などを可視化します。
センサービーコンを来場者に持たせ、ゲートウェイを通してクラウド上に測位データを収集・蓄積します。この測位データを分析・集約しアプリケーションと連携したサービスとしてご提供します。

EXBOARD for Exhibitionが実現できること

  • 会場内の状況をMAP表示により「可視化」
  • エリアごとの興味度や混雑度を計測・表示
  • お客様の位置情報をリアルタイムに把握し、スマートフォンに通知

導入イメージ(システム構成)

~使用するセンサーの選定からキッティング、ゲートウェイ選定・設置検討、クラウドサービス構築までをトータルに提供~

導入効果

人気のエリアや混雑状況を把握できるため、スムーズな誘導、空調のコントロールなど、お客様のストレスを低減する事が可能です。また、定量的なマーケティングデータとして、展示会後にお客様の動線分析や興味分析などの評価ができ次回開催への活用が可能です。

  • 滞留/興味度表示画面
  • 作成ツール画面(任意の画像取込み/見た目の調整)

特定のお客様の位置や滞在動線を把握する事が可能なため、商談の機会を損失する事を抑えられます。また、特定のお客様がセミナールームなどのエリアを通過した際に位置情報をメール送信する事ができ、より細やかなお客様対応が可能です。

会場の受付をすると「顧客ID」「ビーコンID」が発行され来場者様が登録されます。営業担当にメールで通知。エリア情報/位置情報の検索が可能。

会場全体やブース毎の混雑状況をリアルタイムに把握する事で、人気エリアの把握や混雑している場所を避けるなどの効率的な展示会見学が可能となります。

ブース毎の混雑度合いをヒートマップに反映します

導入までの流れ

  • 1.要件ヒアリング デモを含めた製品の紹介と合わせて、システムを導入する目的や実現したいシステムイメージのヒアリングをさせて頂きます。
  • 2.お客様環境の確認 現地での簡単な動作確認を実施させて頂き、IoTデバイスやアンテナの配置を検討のご支援をさせて頂きます。
  • 3.ご提案 お客様の環境やご要件を整理し、弊社ノウハウと合わせた最適なご提案をさせて頂きます。

導入事例

某メーカー様

某メーカー様では、大規模展示会でのリアルタイムでの位置情報取得や混雑状況・人気エリアを把握する仕組みを導入し、混雑した会場内でのスムーズな誘導やお客様導線・滞在時間の可視化を実現しました。
また、エリア別の利用状況を画面に表示することで、会場内の混雑状況を把握し、円滑なイベント運営を支援しました。

ロケーションプラットフォーム EXBOARDに関するお問い合わせ

ページの先頭へ