GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

NMGCP(治験管理パッケージ)

特長

NMGCP(治験管理パッケージ)特長

医師、CRC、事務局の各業務を適切かつ効率的に支援

治験計画(準備から実施)、被験者管理などCRCの業務を支援

  • 治験毎に被験者の進捗状況を登録・管理できます。
  • 電子情報のスケジュールを基に、被験者毎の来院スケジュールを自動作成できます。
  • 治験別、被験者別、担当CRC別に被験者の来院日をカレンダー表示できます。
  • 来院実績、特定療養費の有無を登録・確認できます。
  • 登録されたスケジュールからの逸脱の可能性を、アラーム表示します。

各種書類作成、管理など事務局の業務を支援

  • 依頼者から提出される電子情報を登録することで、データ登録作業を軽減できます。
  • 登録されたデータを基に、 IRB審査等に利用する統一様式文書の作成支援が行えます。
  • IRBに関して、迅速・通常審査対応、審査結果管理等の豊富な機能を用意しています。
  • 治験や被験者の進捗状況、IRB審査の実施状況を集計・出力できます。
  • モニタリング実施状況を登録・管理できます。

診療情報システム(電子カルテ)とのシームレスな連携により、医師の治験業務を支援

  • 来院患者が治験参加中か否か診療画面で容易に判断できます。
  • 治験概要、スケジュール、注意事項(制限薬、選定基準・・)等を診療画面で参照できます。
  • 併用禁忌、注意薬などをオーダー時に自動チェックすることで、オーダーミスを防止します。
  • 機能を併用することで、来院被験者の治験スケジュールに沿った、処方、検査のオーダーやカルテシール入力が行えます。

適用イメージ

病院の治験業務効率化・逸脱防止を支援する治験システム(NMGCP)

PDFカタログをダウンロードいただけます

カタログダウンロード

関連リンク


  • 2018年6月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。