GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション&サービス>
  3. フィールドバインダー

フィールドバインダー

現場業務におけるタブレット活用で工数を大幅に削減「どんなドキュメントも利用可能」「リアルタイムに進捗確認」「作業単位でデータ保存」「メンテナンスが容易」

「フィールドバインダー」はタブレットの活用により、現場での実績入力を可能にするソリューションです。従来、紙ベースで運用している業務をタブレット利用に置き換えることで、コスト削減に直結する現場作業の省力化、ヒューマンエラー抑制による品質向上といった業務改善を簡単に推進できます。

利用シーン「製造現場の検査・品質業務」「保守業務の点検記録に」「展示会や街頭でのアンケートに」
カタログダウンロード

フィールドバインダ-利用のメリット製品体系ご購入までの手順

フィールドバインダ-利用のメリット

日報からの転記、過去帳票を探すなどのムダ作業を撲滅

  • 入力項目は作業単位でデータベースに保存しますので、検査報告書の作成などに活用できます。
  • 現場での付帯作業の削減とヒューマンエラー撲滅により品質向上が図れます。
  • 作業計画の取り込みや検査実績の送信など上位システムとの連携が容易です。

フィールドバインダー導入前後のイメージ

フィールドバインダー導入前後の運用イメージ

現場のペーパーレス化推進・紙文化からの脱却

  • 画面タッチでキーボードが表示されますので、簡単に文字入力できます。
  • 帳票上への手書きもイメージで保存可能です。
  • 帳票ごとの作業進捗を随時、確認できます。
  • 機種(品目)ごとに帳票を管理できるので、メンテナンスが容易です。

帳票も入力フィールドもユーザー自身で簡単登録

  • 現在使っている帳票を画像化することで、直接利用することができます。
  • 原紙がない帳票(他システム帳票、取引先帳票など)にも対応可能。画像を見ながら入力フィールドを定義できます。
  • パソコンで画像化できる帳票なら種類を問わず利用できます。
  • 入力は数字、文字、チェックマーク(レ点)、リスト、手書き(イメージ)の5 種類です。

既存の手書帳票をタブレットに置き換え、現場業務を改善

既存の手書き帳票をタブレットに置き換え、現場業務を改善

製品体系

製品体系
製品名 内容 形番
フィールドバインダー
MediaPack
製品のインストールメディア FAE00180P001
フィールドバインダー
Server
ライセンス許諾書 1ライセンス FAE00180P002
フィールドバインダー
Android
ライセンス許諾書 1ライセンス FAE00180P003
5ライセンス FAE00180P004
20ライセンス FAE00180P005
100ライセンス FAE00180P006
500ライセンス FAE00180P007
1000ライセンス FAE00180P008

フィールドバインダー製品のライセンスは、1端末1ライセンスです。

ご購入までの手順

フィールドバインダーご購入までの手順をご案内します。お気軽にお問い合わせください。

ご購入までの手順STEP1詳細資料を確認いただきます。STEP2製品のご説明とデモをご覧いただきます。STEP3お客様のご利用しやすい、購入先をお選びいただきます。
カタログダウンロード


  • 2014年 12月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。