GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2018年 >
  4. 新年のご挨拶

新年のご挨拶

代表取締役社長 豊島 雅博の写真

 新春を迎え、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2017年、当社は1977年の創業より40周年を迎えることができました。これも多大なるご愛顧、ご支援を賜ったお客様をはじめ、関係者の皆様のお陰と心より感謝申し上げます。

さて昨年を振り返りますと、トランプ米国大統領の就任に始まる各国首脳の交代、英国のEU離脱、北朝鮮による核の脅威など、国内外の政治・経済を揺るがすニュースが相次いだ一方、国内では将棋界における14歳棋士の公式戦29連勝や、陸上100m走における日本人初9秒台の記録など、新世代の若い力が台頭し、日本のさらなる成長と明るい未来を期待させる一年となりました。

このような中、いよいよ2018年がスタートを切りました。ICTビジネスは今、IoTやAIなどのテクノロジーを駆使したデジタル時代を迎えています。同時にグローバル化・働き方改革の流れも急速に進んでおり、今まで以上にめまぐるしく変化するビジネス環境への柔軟な対応が求められます。

当社は時代の潮流をしっかりと捉え、これまで多くのお客様の現場で培ってきたソフトウェアとハードウェアを組合せるエンジニアリング力と現場対応力を継承するとともに、社員個々の力をより効果的に発揮できる環境を追求することで、「自らが変革し、お客様のビジネス革新を加速させるエンジニアリングサービス・インテグレーター」として、自らが率先して変わり続け、常にお客様、社会の視点に立ち、人に優しい安心・安全・快適なサービスをこれからも提供し続けることをお約束いたします。

- 明日への一歩をこれからも、ともに-

お客様の成長と発展に末永く貢献し、信頼いただけるベストパートナーであるために、社員一丸となってさらに努力して参ります。引き続き、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

最後に、皆様方のご健勝とご多幸を祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

2018年1月4日
株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
代表取締役社長 豊島 雅博