Skip to main content

Japan

日本臨床試験学会 企業展示のご報告

2016年3月30日

当社は、2016年3月11日(金)~12日(土)に開催された「日本臨床試験学会 第7回学術集会総会 in 名古屋」に出展いたしました。

当社展示ブースにお越しくださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

当社展示デモ

臨床研究支援システム 「HOPE eACReSS(ホープ イーアクレス)」

大学病院臨床試験アライアンス推進事業(注1)から生まれた、試験管理から症例データ収集まで一連の研究業務をカバーするシステムです。

小規模な臨床研究から複数施設で行う大規模な臨床研究にわたり、被験者の割付機能(大学病院臨床試験アライアンス様による監修)、法令対応【GCP(注2)、ER/ES(注3)】など、利用者のニーズに合わせた様々な機能をご提供しています。

今回の展示では、e-CRF(症例報告の電子版)をはじめ、品質確保に向けた機能をデモンストレーションでご紹介いたしました。

(注1)大学病院臨床試験アライアンスは、8つの国立大学からなる臨床研究・治験の事業です。

(東京大学、千葉大学、東京医科歯科大学、筑波大学、群馬大学、新潟大学、信州大学、山梨大学)

(注2)Good Clinical Practice 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令

(注3)ER/ES 医薬品等の承認又は許可等に係る申請等における電磁的記録及び電子署名

製品詳細(富士通サイト)Open a new window

治験管理システム 「HOPE NMGCP(ホープ エヌエムジーシーピー)」

電子カルテと連携し、治験患者管理、スケジュール管理などの医師・CRCの業務を支援するシステムです。

治験実施機関が行う様々な治験業務(治験の準備および実施、被験者管理、各種書類作成など)を全面的に支援する機能を提供しています。

今回の展示では、電子カルテシステムとのシームレスな連携による治験期間の短縮および品質向上を実現する機能をデモンストレーションでご紹介しました。

今回の開催では、「ネットワークがもたらす新しい医療の創成」をテーマに、臨床試験に携わるすべての専門職の知識/技術の向上を目的として開催され、二日間に約800名の業界関係者が来場されました。

当社ブース出展に加え「カンパニーセッション」に参加させて頂き、出展製品に対する新たな活用シーン、機能追加のご要望等のご意見を頂戴しました。

皆様の貴重なご意見を基に今後もサービス改善に努めて参ります。有難うございました。

当社展示ブースの様子(当社展示ブースの様子)

当日展示資料

展示パネル サイズ
臨床研究支援システム HOPE_eACReSS 304KB

開催概要

名称 日本臨床試験学会 第7回学術集会総会 in 名古屋
公式ホームページOpen a new window
期間 2016年3月11日(金)~3月12日(土)
会場 名古屋国際会議場 白鳥ホール
〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号

お問い合わせ先

ご質問・お問い合わせなど、icon-form  こちらのフォーム よりお送りください。