動画一覧

エンベデッドシステム(組み込み技術)のインタビュー動画やセミナー動画をご視聴いただけます。

インタビュー動画

導入から開発までワンストップ「AUTOSAR ソリューション」

再生時間:3分54秒

富士通のオートモーティブ事業は、総合情報システムへと進化した自動車において、車載端末、通信や制御モジュールなど、高度化する各種機器制御をサポートし、より快適なCARライフを手助けします。
今回ご紹介するのは、当社のオートモーティブ事業における"AUTOSARソリューション"です。

開発環境のスムーズ導入「モデルベース開発ソリューション」

再生時間:4分35秒

富士通のオートモーティブ事業は、総合情報システムへと進化した自動車において、車載端末、通信や制御モジュールなど、高度化する各種機器制御をサポートし、より快適なCARライフを手助けをします。
今回ご紹介するのは、当社のオートモーティブ事業における"モデルベース開発ソリューション"です。

UriLabで解決「画像認識ソリューション」

再生時間:5分24秒

富士通では、画像認識ソリューションをご要望のお客様に対し、要件定義〜デプロイまでのAI開発工程全てに対応いたします。開発には当社のプラットフォームを活用し、作業の効率化・標準化を推進しております。
今回ご紹介するのは、そのDeep Learning開発プラットフォーム"UriLab"です。

セミナー動画

セミナー動画視聴をご希望の方は、お手数ですが下記の入力フォームボタンをクリックいただき、必要な情報をご入力ください。

ご登録いただきましたメールアドレスへセミナー動画視聴用のURLをお送り致します。



オートモーティブ

車載ECUソフトウェア標準プラットフォーム「AUTOSAR」車載ECUソフトウェア標準プラットフォーム「AUTOSAR」

 富士通のAUTOSARソリューションをご紹介いたします。
 AUTOSAR導入トータルコーディネート、基礎教育からワークショップまで多彩なメニューを揃えた導入教育、エンジニアリングなど、様々なサービスでAUTOSAR導入を支援します。当社独自のCAN通信スタックもご用意、必要な機能のみ選択して既存ソフトの部分的なAUTOSAR対応が可能です。
効率化・高品質化手法「モデルベース開発」効率化・高品質化手法「モデルベース開発」

 富士通では、モデルベース開発の課題を解決する4つのソリューションをご提供しています。
 高いスキルを持つモデルベース開発プロフェッショナルが、お客様のご要望に応じた最適なソリューションをご提案いたします。
モデルベース開発による実践的なDXモデルベース開発による実践的なDX

 MathWorks Japan
 エレクトロニクス&ソフトウェア営業部長
 望木 純一 様

 世界のモノ作りとサービス開発はここ10年劇的な変化を遂げており、まだその変化は序章にすぎません。
 モデルベース開発の適用により各社がどのような効果を上げてきたかを、国内外のお客様事例とともに今後の発展領域に関しての洞察をお話します。

 商標について : MathWorksはThe MathWorks, Inc.の登録商標です。
FPGA設計におけるモデルベース開発手法の活用FPGA設計におけるモデルベース開発手法の活用

 組み込み機器において高いレベルの性能要求を満たすことができるFPGAは、設計品質の向上が開発を成功に導く鍵となります。
 モーター制御のデモを交えて、モデルベース開発を活用したFPGAの設計品質向上についてお話します。
車載サイバーセキュリティ業界動向~UN-R155とCANセキュリティの関係~車載サイバーセキュリティ業界動向~UN-R155とCANセキュリティの関係~

 SGSジャパン株式会社
 C&P Connectivity Functional Safety プロジェクトマネージャー
 河野 喜一 様

 ISO/SAE FDIS 21434等の関連規格を含めたUN-R155/156の概要、
 及び、UN-R155とCANセキュリティの関係についてご説明いたします。
Microchip社の車載セキュリティソリューションMicrochip社の車載セキュリティソリューション

 マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社
 シニアエンベデッドソリューションエンジニア
 中川 正也 様

 マイクロチップ社のTA100を用いたサイバーセキュリティ対策についてお話します。
 特にメッセージ認証コードを用いたCAN経由で他のECUから送られてくるメッセージの真贋判定について詳しく取り上げます。
CAN通信のサイバーセキュリティ対策CAN通信のサイバーセキュリティ対策

 車載通信規格であるCANに求められるサイバーセキュリティの概要、
 及び富士通のソリューションである「CAN通信スタック」のサイバーセキュリティ対策についてご説明いたします。
パネルディスカッション 車載ネットワークのサイバーセキュリティ対策についてパネルディスカッション 車載ネットワークのサイバーセキュリティ対策について

 車載ネットワークのサイバーセキュリティをテーマに、SGSジャパン株式会社・マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社・富士通株式会社 3社でのディスカッション。
 CASE時代を迎え車載ソフトウェアの重要性が増す自動車を取り巻くセキュリティリスクの今後について迫ります。

イメージング

低スペックハードウェアで動く!Deep LearningによるEdge端末向け画像認識低スペックハードウェアで動く!Deep LearningによるEdge端末向け画像認識

 富士通では、独自開発した認識モデル圧縮技術を利用することで、認識性能を維持しながら処理速度の高速化を実現いたしました。
 当社の「低スペックハードウェアで動く画像認識ソフトウェア」をご紹介致します。
UriLabで解決「画像認識ソリューション」UriLabで解決「画像認識ソリューション」

 富士通は、データ管理からアノテーションや学習・評価まで、全てブラウザ操作可能なDeep Learning開発基盤『UriLab』を開発いたしました。
 アノテーションの元画像からAIの評価結果まで、開発に使うすべてのデータをUriLab上で一元管理が可能。高いトレーサビリティーを持つ開発基盤です。

ヘルスケア

医療・ヘルスケアIoTサービス支援医療・ヘルスケアIoTサービス支援

 富士通は、医療機器メーカーでの豊富な支援実績を活かし、上流工程からワンストップでIoTサービスの実現を支援いたします。
 医療機器製造業者からの委託に基づき、IEC62304に準拠した医療機器開発支援が可能です。
ページの先頭へ