サービスメニュー

~開発プロジェクトに合わせた豊富なメニューで品質向上、効率化を支援~
富士通では、お客様の開発プロジェクトに応じて、最適なサービスメニューをご用意しています。

総合的な体制で問題を解決、スムーズな導入、開発を支援

お客様の開発プロセスに準拠した開発を行います。
開発プロセスをお持ちでない場合は、富士通グループの標準開発プロセスである「SDEM」注1をベースに、お客様の要件、開発文化に沿ってテーラリングを行い、お客様独自の開発プロセスを構築することも可能です。

ドライバ、OS、ミドルウェア、アプリケーションと幅広いレイヤーをサポート

品質向上・効率化へ向けたサービスメニュー

ソフトウェアの開発支援だけではなく、お客様の開発プロセス改善、開発環境の構築支援、ツールに関わる導入支援や教育サポートなど、豊富なサービスメニューを用意。お客様の現場改革を全面的にバックアップします。

  1. プロジェクトマネジメント改善支援
    PMBOK®注2CMMI®注3ベースのプロジェクトマネジメント導入支援
  2. 開発プロセス改善支援
    お客様の開発に即した、開発プロセス改善支援(工程ごとの作業内容/生産物の改善)
  3. 開発手法導入支援
    お客様の開発に即した開発手法の導入支援(形式手法、モデルベース開発など)
  4. ツール・インフラ構築支援
    品質向上・効率化に向けたツールや構成管理の運用支援
  5. ソフトウェア品質向上支援
    開発工数・バグ密度・試験密度などを基とした品質分析、各種コーディング規約(MISRA-C、 IPA/SECなど)への準拠状況解析、レポート作成
  6. ナレッジマネジメント改善支援
    個人の知識・情報を共有し、「見える化」するシステムの構築支援

開発実績

自動車、医療など幅広い分野への開発実績紹介

  • オートモーティブ
  • メディカル
  • イメージング
  • センサシング/通信

注釈

  • 注1
    SDEM:富士通の企画、開発、運用・保守、品質保証活動の基本的な考え方を示した標準プロセス体系 ^
  • 注2
    PMBOK®(Project Management Body of Knowledge):事実上の国際標準とされているプロジェクトマネジメントに関するノウハウや手法を記した、「プロジェクトマネジメント知識体系ガイド」の略称 ^
  • 注3
    CMMI®(Capability Maturity Model Integration):システム開発を行う組織がプロセス改善を行うためのガイドラインであり、能力成熟度モデルのひとつ ^

エンベデッドシステム(組み込み技術・開発)に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

カタログ・資料ご請求

ページの先頭へ