GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

DWHの構築

企業内に様々な形式で散在しているデータを活用するには、それらデータの抽出をし、データベースに格納しなければいけません。
当ソリューションでは、ETLツールを利用することで、短期間に効率的に、かつお客様のニーズに合わせて、様々なビジネス課題を解決するためのDWH(データウェアハウス)を構築できます。

企業内に散在する様々なデータを統合DB『DWH』に格納し、必要なときに必要な人に使いやすい形で『戦略情報』を提供します。

導入のメリット

一般的なデータベース(例えばOracle・Microsoft SQL Server)は勿論もちろんの事、それ以外にもODBCやCSV・固定長ファイル・OLE‐DB等、様々なデータ形式をサポートしています。
これらの豊富なデータ形式のサポートにより、従来では非常に困難であった、異なった形式のデータ統合を容易に実現しています。

  • WebからOLAP・レポート・Excelといった多様なインターフェースを提供します。
  • クライアント・サーバ型とWeb型でデータベース、アクセスプランの別開発、移行の必要がありません。
  • Web型ではユーザ数の増大に容易に対応できるため、TCO削減にも繋がります。

  • Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • Microsoft、SQL Server、SharePoint、Dynamics CRM、EXECELは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 会社名および商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • 本サイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示 ® 、™ を付記していません。
GTM-TGJ93T