GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 『平成24年度「均等・両立推進企業表彰」神奈川労働局長奨励賞』受賞について

TOPICS

2012年10月3日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

『平成24年度「均等・両立推進企業表彰」神奈川労働局長奨励賞』受賞について

当社は、平成24年度「均等・両立推進企業表彰」のファミリー・フレンドリー企業部門において、「神奈川労働局長奨励賞」を受賞しました。
   「均等・両立推進企業表彰」は、「女性労働者の能力発揮を促進するための積極的な取組(ポジティブ・アクション)」及び「仕事と育児・介護との両立支援のための取組」を推進している企業に対する表彰制度です。
   当社は、育児休業制度や育児短時間勤務制度などの推進が認められ、2012年10月17日の表彰式において、平成24年度の本賞を授与されることとなりました。

厚生労働省神奈川労働局プレスリリース

当社の取り組み内容

  1. 両立支援に関する基本方針
    • 仕事と家庭のバランス=ワーク・ライフ・バランスを取ることを心がけてもらいたいという社長からのメッセージを、入社式や意識調査など様々な機会に社員に向けて発信しており、それらは社内報やイントラネットに掲載することにより、全社員に周知されている。
  2. 育児休業制度
    • 保育所への入所時期が1歳以降となる場合、子の1歳の誕生日以降最初の4月20日(子の誕生日が4月1~20日の場合は子の満2歳の誕生日以降最初の4月20日)、又は1歳6ヶ月まで育児休業を取得することが可能。
  3. 育児短時間勤務制度
    • 小学校6年生の3月31日までの子を対象とし、所定労働時間を6時間又は7時間に短縮することが可能。
  4. その他の制度
    • 介護休業は、対象家族1名につき通算1年まで、介護短時間勤務は、通算3年まで取得することが可能。
    • 子の看護休暇及び所定外労働の制限は、子が小学校6年生の3月31日まで利用することが可能。
    • 育児・介護等の理由により退職した社員の再雇用制度あり。
    • 在宅勤務等の導入に向けて試行中。
  5. 社内環境整備
    • 平成19年に生活と仕事の調和を実現するため、ライフ・ワーク・バランスワーキングループを立ち上げた。ワーキンググループでは、柔軟な働き方に関する意識調査の実施、育児等をテーマにした昼休み交流の場の開催、定時退社推進等の活動を行っている。
    • 平成22年に次世代育成支援対策推進法に基づく認定マーク(くるみん)を取得。

関連情報

以上

GTM-MF9BHZ