GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FUJITSU Security Solution
SHieldMailChecker 誤送信防止
メール誤送信防止製品
導入事例:システムズ・デザイン株式会社様

株式会社髙島屋様 (2017年4月26日登録)

TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社様 (2016年1月7日登録)

システムズ・デザイン株式会社様

多彩な情報処理サービス事業を行なっているアウトソーシング事業部では、複数の取引先とのメールのやり取りが多く、メール誤送信による情報漏えいを未然に防ぐことを目的として、他部門に先駆けて導入した。今後、同部での運用を参考に、他部門においても段階的に導入を進める予定。

導入イメージ

導入事例:システムズ・デザイン株式会社様

拡大表示図を拡大表示 (224 KB)

導入前の課題
導入前の状況
  • 同部では、取引先との情報のやり取りを、主にメールにて実施している。
  • 1人の担当者が複数の取引先を担当しており、複数の宛先にメールを同時配信することも頻繁に起こる。
  • メールによる情報漏えいについては、添付ファイルの暗号化、アドレスの直入力禁止などの送信者による人為的な対応が中心であった。
導入の狙い
  • メール誤送信による情報漏えいのリスクを従来以上に減少させるため、システム的な対応を実施したい。

導入のポイント
選定理由
  • メール送信宛先が、社内外の区別/所属組織/リスクによる分類整理ができ、視覚的に表示されることでメール利用者に的確に気づきを与え、誤送信防止に効果的である。
  • サーバ導入不要で、クライアントへの導入により適用完了するため、既存のメール環境を維持したまま段階的導入が可能である。
  • ホワイトリストの自動学習機能により、過剰な警告を抑止し、慣れによる実効性低下が防止される。

導入効果
導入効果
  • 不注意やうっかりミスによるメール誤送信のリスクを効果的に低減できた。
  • メール利用者が安心感を持って、メール送信できるようになった。
  • メール利用者ひとりひとりのセキュリティ意識が向上した。

使用している製品
使用している製品

システムズ・デザイン株式会社様 概要

所在地 〒168-0063 東京都杉並区和泉1-22-19 朝日生命代田橋ビル6F
創業 1967年3月
資本金 333,906千円(平成17年3月9日現在)
売上高 65億7600万円(2008年3月期)
業務概要
システム開発事業
  • システム・インテグレーション
  • ソリューション
情報処理サービス事業
  • システムオペレーション
  • データソリューション
  • データ&ライブラリー
  • コンタクトセンター
アッセンブリー事業
  • プロダクトサービス
ホームページ システムズ・デザイン株式会社

評価版のダウンロードが可能です

評価版ダウンロードへの矢印

評価版のダウンロード

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   ワーストケーススタディ (505 KB)   |   特長   |   機能一覧   |   動作環境   |   導入事例   |   製品デモ   |   評価版ダウンロード   |   FAQ   |   標準価格   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ