富士通SSL メールニュース

No.146(2019年3月1日)
NGAV×EDR「Carbon Black CB Defense」運用サービスのご紹介

今月は、次世代アンチウイルス(NGAV)とEDR機能を併せ持つ「Carbon Black CB Defense」のマネージド・セキュリティサービス(MSS)をはじめ、自社開発のIoT/組み込み機器向けマルウェア対策ソフト「WhiteSec」などをご紹介します。

2月1日~3月18日はサイバーセキュリティ月間です。当社も普及啓発活動に協力しています!

サイバーセキュリティ月間

NGAV×EDR「Carbon Black CB Defense」運用サービスのご紹介

次世代アンチウイルス(NGAV:Next Generation Anti Virus)とEDR(Endpoint Detection and Response)機能を併せ持つ製品「Carbon Black CB Defense」のマネージド・セキュリティサービス(MSS)を提供しています。
本サービスは、当社のセキュリティスペシャリストがお客様に代わり「Carbon Black CB Defense」でセキュリティインシデントを24時間監視。さらに、当社SOCアナリストがプロフェッショナルならではの高度な分析力を活かしてEDRの効果を最大限に引き出し、お客様のエンドポイントセキュリティを強力にサポートします。

<<<<< 詳細はこちら >>>>>



「Carbon Black CB Defense」
■NGAV-怪しいふるまいを検知/防御
■EDR  -脅威のある端末を緊急遮断
-ウイルスの拡散状況を可視化
-ブラックリストに追加して拡散を防止

「Carbon Black CB Defense」詳細


富士通SSLがマネージド・セキュリティサービス(MSS)で
「Carbon Black CB Defense」の運用をサポート!
24時間365日リアルタイムで監視、お客様の運用負荷を軽減
緊急時は遮断対処や他端末への影響調査を実施し、セキュアな環境の維持をサポート


<<<<< 詳細はこちら >>>>>

おすすめのセキュリティ製品
「WhiteSec」- IoT/組み込み機器向けマルウェア対策の自社開発ソフト -

未知のマルウェアを防御するホワイトリスト実行制御機能等を搭載したIoT/組み込み機器向けのマルウェア対策ソフトウェアです。

【特長】① ホワイトリスト実行制御で未知のマルウェアの活動をブロック
    ② USBメモリなどのデバイス制御で外部からのマルウェア侵入を抑止
    ③ メモリ保護で脆弱性を突いた不正なコード実行を防止
    ④ 機器の性能に影響を与えないセキュリティ対策
    ⑤ 安心して導入いただける導入支援サービス(オプションサービス)

「WhiteSec」詳細


★イベントのご案内★
下記のイベントに「WhiteSec」を出展します。ぜひお越しください!

「IoT World Conference 2019 ~春~(TOKYO)」
日時:2019年3月5日(火)8:40~17:40(受付開始 8:15~)(展示:9時~17時00分)
場所: JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)

お知らせ


当社は、グループ会社であるSSLパワードサービスおよび富士通SSLハーモニーと共に、社員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に取り組む法人として、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2019(大規模法人部門) ホワイト500」に2年連続で認定されました。


今月の富士通SSLオリジナル壁紙

「タンポポと小さな虫」 「マトリョーシカ」

公開サイトにて当社オリジナルの壁紙を公開しています。ぜひ、ご利用ください。

次号予告

2019年4月1日(月曜日) 配信予定

富士通SSLメールニュースについて

当社の新商品や出展イベント等の様々な情報を毎月お届けします。
配信をご希望の方は、メールニュース新規配信登録フォームにてお気軽にご登録をお願いいたします。

バックナンバー

No.145 (2019年2月1日)
No.144 (2019年1月7日)

2018年

No.143 (2018年12月3日発行)
No.142 (2018年11月1日発行)
No.141 (2018年10月3日発行)
No.140 (2018年9月3日発行)
No.139 (2018年8月1日発行)
No.138 (2018年7月2日発行)
No.137 (2018年6月1日発行)
No.136 (2018年5月7日発行)
No.135 (2018年4月2日発行)
No.134 (2018年3月1日発行)
No.133 (2018年2月1日発行)
No.132 (2018年1月4日発行)

バックナンバーをもっと見る

ページの先頭へ