GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2018年 >
  4. 富士通社員3.5万人の活用実践をもとに、働き方改革を支援する「IDリンク・マネージャー」を機能強化

PRESS RELEASE

2018年4月17日
株式会社富士通エフサス

富士通社員3.5万人の活用実践をもとに、働き方改革を支援する「IDリンク・マネージャー」を機能強化

勤務状況分析など多様な働き方に対応する新機能を追加するとともに、SaaS版のWeb販売を開始

当社は、適正な時間外マネジメントや時間に対する意識改革などで企業の働き方改革を支援する「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止(以下、IDリンク・マネージャー)」の機能を強化し、「IDリンク・マネージャー V2」として2018年4月17日より提供します。

今回、新たに勤務状況を可視化する「実働時間把握ダッシュボード」を追加するとともに、富士通社員3.5万人の実践を通じて把握した課題「上司・部下間のコミュニケーション促進」「上司不在時の緊急業務対応」「フレックス勤務者の管理」などへの対応を図ります。これにより、多様な働き方への適用が可能になり、またサービス残業など労働記録との差異、長時間労働の組織・個人の傾向把握も容易になります。

また、提供体制を拡充すべく、2018年4月より、Web上で見積り、注文までを行える「エフサスポータル for クラウド(注1)」で「IDリンク・マネージャー SaaS(以下、SaaS版)」のWeb販売を開始し、スピーディな導入開始を実現します。

2018年4月からは富士通グループへ適用を拡大し、累計約7万人で活用することで、さらなるノウハウの蓄積をしてまいります。今後も、富士通グループ全体でICTを活用した「働き方改革」を自ら実践し、その経験・ノウハウを、リファレンスモデルとしてお客様にご提供して参ります。

近年、わが国では、官民を挙げた「働き方改革」が加速しています。多くの企業で、生産性向上、ダイバーシティや健康経営の推進、多様なライフスタイルへの対応など、従来の労働慣行や人事制度の見直しを図るとともに、ICTを活用した新しい働き方への取り組みが始まっています。

当社では、社員の勤務状況の見える化と個人・組織の時間意識の向上、ならびに上司・部下間のコミュニケーション促進を目的に、2010年の改正労働基準法施行に合わせ、働き方改革ソリューション「IDリンク・マネージャー」を開発し、これまでに約100社、22万ライセンスを提供してまいりました(うち、約半数が2017年度に販売)。

<IDリンク・マネージャーが提供する主な価値>

  • ワーク・ライフ・バランスの実現:部下の業務状況の把握による適切な職場マネジメントの実践
  • コンプライアンス強化:業務内容の申告/承認に基づいて残業する本来の働き方への改善
  • 不必要な残業コストの削減:時間を意識した効率的かつメリハリのある働き方への変革

2017年4月より、富士通社員3.5万人に導入し、実運用を通じたノウハウを蓄積しています。「IDリンク・マネージャー V2」では、これらの社内実践で得た課題やニーズをもとに、ダッシュボード機能やログのレポーティング機能などの分析機能、およびフレックス勤務者や複数モニタ使用者など多様な働き方へも適用できる機能を追加し、さらなる強化をはかりました。

また、SaaS版においては、提供体制を拡充しWebからダイレクトで利用申込が可能な「エフサスポータル for クラウド」で販売を開始します。

メニュー体系

「IDリンク・マネージャー」は、オンプレミス型のパッケージ版と月額利用型のSaaS版があります。

今回の機能強化は、パッケージ版が対象となり、Web販売はSaaS版が対象です。

【 メニュー体系 】

IDリンク・マネージャー V2の機能強化ポイント

1.実質労働時間を総合的に把握

勤怠・就業システムの記録とIDリンク・マネージャーが収集したPC利用履歴(ログイン/ログオフ)や入退室履歴などをダッシュボード上に一覧化することで、勤務状況を可視化します。組織単位での月初の時間外状況に基づく当月の時間外予測を表示、数ヶ月にわたる長期間での組織同士の比較、相対的に残業が増えている社員の把握など、俯瞰的な分析を可能としています。

また、長時間労働が常態化している部署の発見や、無申告労働時間の表示によるサービス残業該当者を即座に発見できます。

実質労働時間を総合的に把握

2.組織・個人のシステム運用状況を分析

IDリンク・マネージャーが記録しているPC利用時間の推移を集計し、グラフィカルなレポートで出力します。組織全体のPC作業時間の合計のうち、残業申請・承認を経たPC作業時間と未承認状態のPC作業時間を表示します。それにより、システム導入後の残業申請・承認がどの程度効果的に使われているか、従業員の自発的残業がどの程度まで減らせているか、などの確認ができ、組織マネジメントの見直し、個人の時間意識向上に役立ちます。

組織・個人のシステム運用状況を分析

3.上司・部下のコミュニケーションをより活性化

部下からの残業申請を否決する際に、上司からのコメント入力が可能です。例えば、定時終了間際に緊急の業務が入った場合、部下は残業申請を介して、上司の判断を仰ぎます。上司は、その業務が緊急性のあるものか、最近の部下の負荷が高くなっていないかなどを総合的に判断し、対応方法をコメントという形で明示的に残すことが可能です。

コミュニケーションの活性化・効率化に寄与することで、社員一人ひとりの負担を減らし、健康経営に貢献します。

<否決コメント機能>

4.多様な働き方への対応

PC稼動時間を累積で管理し、閾値でPC利用制限を行うことで、フレックス勤務者にも対応します。
一般的な所定労働時間を定める勤怠管理の考え方では、勤務時間が柔軟に変動するフレックス勤務の管理が課題でした。これに対して、IDリンク・マネージャーでは特許技術を用いて、PCの稼動している時間(最初のログオン・最後のログオフ)を判定し、設定された上限に達した際にPCの利用制限を行うことが可能です。

多様な働き方への対応

また、長時間労働が常態化しやすい研究開発職やSE職などに多い、複数モニタを使用した働き方にも対応しています。PC利用を制限するポップアップが全てのモニタ画面の約8割を占有し、申請を行わないとPC利用が継続できないよう制御ができます。

複数モニタ使用時でもポップアップによる抑止が可能

その他、「緊急残業申請」や「部署の兼務対応」など、各種機能を追加しています。

IDリンク・マネージャー SaaSのWeb販売を開始

「エフサスポータル for クラウド」でSaaS版の取扱いを開始します。標準機能を備え、Webから利用申込みが可能です。

「エフサスポータル for クラウド」

今後の展開

当社は、IDリンク・マネージャーを働き方改革における主力商品の1つとして位置づけ、今後も提供体制の拡充と継続した機能強化を図ってまいります。

《2018年の強化計画》

4月「エフサスポータル for クラウド」でSaaS版のWeb販売を開始

4月富士通グループ3.5万人への追加導入により、累計約7万人の社員で実践

9月下旬1日の作業内容を可視化するとともに、各種情報をBIツールで解析して、働き方の傾向分析や効率的な働き方の指南を行うオプション機能を提供開始

12月「エフサスポータル for クラウド」でパッケージ版「IDリンク・マネージャーV2」の取扱いを予定

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1:エフサスポータル for クラウド・・・デジタルサービスを中心に提供するWeb販売サービス。

関連リンク

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通エフサス
広報・宣伝室
icon-telephone 044-874-6209
icon-mail お問い合わせ

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通エフサス
総合窓口
icon-telephone 0120-860-242
受付時間:9時~12時、13時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始、当社指定休日を除く)
icon-form お問い合わせ

GTM-KJ2442