GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 『DBディフェンスソリューション for Oracle』を提供開始

『DBディフェンスソリューション for Oracle』を提供開始

~不正アクセスから暗号化、アクセス制御、検知による多層防御で機密データを保護~

株式会社富士通北陸システムズ(代表取締役社長:寺田 満明、本社:石川県金沢市 以下、FJH)は、Oracle Databaseに対して不正アクセスから守るための統合セキュリティソリューション『Fujitsu セキュリティソリューション DBディフェンスソリューション for Oracle』を本日より提供いたします。

『DBディフェンスソリューション for Oracle』では、企業の重要情報が蓄積されたOracle Databaseのデータに対して、次のような機密保護機能を提供致します。

  • データベースに対する不正操作、データ参照による情報漏洩を早期検知
  • アクセス制御により、外部だけでなく、内部の不正アクセスからの機密データ保護
  • 暗号化機能により、データ読取防止による機密データ保護

セキュリティシステムの導入においては、セキュリティレベルの検討が難しく、実際の導入においても設定が難しいケースが数多くあります。当社は、日本オラクル株式会社と密な連携を図っており、ご要望に応じた推奨パターンのご提案が可能です。

なお、本ソリューションは、オラクル認定資格の最高峰であるORACLE MASTER ® Platinum資格取得者数7年連続国内第一位(※1)の認定技術者によるプロフェッショナルサービスとしてご提供し、高度なセキュリティシステムを短期間で導入する事が可能です。

※1 Oracle Database 10g  43名
     Oracle Database 11g  38名
      パートナー企業別オラクル認定資格(ORACLE MASTER)取得数"より2015年6月15日現在

2015年8月10日

背景

近年、企業内システムの高度化に伴い様々なデータがデータベースに蓄積され、管理する情報資産は飛躍的に増大しています。一方、そのデータを狙った攻撃やクラッキング(※2)も年々増加しており、データベースデータの不正参照による情報漏洩や、データ改ざんによる被害が多発しています。

加えてデータの集約によって、情報資産のセキュリティ脅威は高まっており、"ネットワークを中心とした入口/出口対策"は必須となっています。

また、内部の情報管理部門においても、データの不正参照やデータ改ざん被害が発生しており、"データベースそのものに対するセキュリティシステム"が必要となっています。

当社は、データベースのセキュリティシステム導入を検討されるお客様に、Oracle Databaseに対して外部からの不正アクセスの検知と遮断、データへの不正アクセスからの保護、データの暗号化による情報漏洩防止を行うサービス『DBディフェンスソリューション for Oracle』を新たに提供いたします。

※2 クラッキング:コンピュータやネットワークに侵入し、そのシステムを解析、変更したり、データを盗聴すること

背景 概要図

前提条件

Oracle Database 11g以上

サービスの概要・特長

本サービスでは、Oracle Audit Vault and Database Firewall、Oracle Database Vault 、Oracle Advanced Securityの3つの機能を利用して、お客様要望に応じた、ご提案から運用までを支援します。

DBディフェンスソリューション for Oracle 概要図

注) Audit Vault Server、Audit Vault Agent、Database FirewallはOracle Audit Vault and Database Firewallに含まれます。

各機能詳細については、下記URLをご参照ください。
(DBディフェンスソリューション for Oracle ホームページ)
http://www.fujitsu.com/jp/group/fjh/solutions/dbsec/defense-ora/index.html

本サービスの概要は以下になります。

項目 名称 概要
1 DBディフェンスソリューション for Oracle 導入サービス
  • 導入前支援
    お客様に提案した構成に基づき、『導入作業』で使用する設計書について、ご説明や設計書に記載した値のレビューを行います。
  • 導入作業
    設計書を元に実際の導入を行い、お客様のセキュリティ要件に基づいたセキュリティ機能を提供致します。
2 DBディフェンスソリューション for Oracle 運用支援サービス
  • 運用支援
    運用後のQAと導入サービス後の追加セキュリティ要件に応じた電話やメールなどでの設定支援を行います。
    追加セキュリティ要件に対してはご相談下さい(別途費用)。

これにより、導入支援から運用支援までを網羅したサービスを提供します。

販売開始日

即日

販売目標

今後3年間で2.0億円の売上を計画しています。

当社のオラクル製品への取組みについて

当社は、1991年にオラクル製品の評価作業からデータベース製品への開発・サポートに携わり、長年に渡り継続的なノウハウの蓄積に努め、オラクルデータベースに特化した様々な独自のソリューションサービスを創出して参りました。データベース本体のみならず、周辺ツールやICTインフラに至るまでのすべてについて設計/構築が可能な体制を有し、富士通グループのオラクルビジネスの中心的役割を担っております。

また、オラクルデータベース認定資格制度ORACLE MASTERの最高峰である「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g」の資格取得数が2008年より7年連続国内No.1となり、日本オラクルより「ORACLE MASTER Platinum Award」を受賞しました。(2015年6月現在、ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g資格取得数:38) 

このORACLE MASTER Platinum資格取得者のノウハウを最大限に活かし、今後、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。

セミナーご案内

日本オラクル株式会社主催セミナーにて、富士通のデータベースセキュリティ対策をスピーディに行うための当ソリューションをご紹介します。

日時
場所
2015年8月21日(金曜日)14時~16時30分
日本オラクル株式会社 オラクル青山センター
テーマ 今、一度考える。サイバー攻撃の実態と備えるべき対策の勘所
~データベースセキュリティ~
申込みURL http://www.oracle.com/goto/jpm150821

日本オラクル株式会社様からのエンドースメント

日本オラクルは富士通北陸システムズによる『DB ディフェンスソリューション for Oracle』の提供を歓迎いたします。

高度なサイバー攻撃が世間を騒がせている昨今、保護すべきデータそのものを防御する「データ中心のセキュリティ」が必要不可欠となっています。不正アクセスから重要なデータを守るためには、データベースに対する暗号化、アクセス制御、検知による多層防御の実装が鍵となります。

多くの重要なシステムに対して「Oracle Database」の導入実績を持つ富士通北陸システムズが、「Oracle Advanced Security」、「Oracle Database Vault」、「Oracle Audit Vault and Database Firewall」を活用した統合的なサービスを提供することにより、お客様は迅速にデータベースに対するセキュリティを強化することが可能となると確信いたします。

今後も日本オラクルは、富士通北陸システムズとの長年にわたるアライアンスをより強固にし、お客様の価値ある情報に対するセキュリティ強化に努めてまいります。

日本オラクル株式会社
副社長執行役員
クラウド・テクノロジー事業統括
三澤 智光

当社が提供するオラクルデータベースソリューション

様々なオラクルデータベースソリューションにおいて、ORACLE MASTER Platinum資格取得者による付加価値の高いサービスをご提供いたします。

プロフェッショナル データベース・ソリューション

「DBディフェンスソリューション for Oracle」は「データベース不正アクセス監視」を含みます。
詳細については、下記URLをご参照ください。(FJH 製品&サービス ホームページ)
http://www.fujitsu.com/jp/group/fjh/services/

株式会社富士通北陸システムズ

本社所在地 石川県金沢市増泉3-4-30
代表者 代表取締役社長 寺田 満明
設立 1983年9月
URL http://www.fujitsu.com/jp/group/fjh/
事業所 東京、金沢、富山、福井
事業内容
  • データベースシステム関連サービス、ICT基盤関連インフラ構築サービス
    クラウド基盤設計構築
    Oracle Engineered Systems設計構築
    Oracle製品のサポートビジネス
    データベース設計・データベース環境構築
    大規模ミッションクリティカルシステムにおけるデータベース適用業務
  • ソフトウェアプロダクトの開発/サポート
  • システムインテグレーション、コンサルティング

商標について

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2015年8月10日
会社名: 株式会社富士通北陸システムズ

本件に関するお問い合わせ先

株式会社富士通北陸システムズ
データベースソリューション事業本部 長柄(ながら)
icon-telephone電話:03-5782-7511
icon-mailE-mail:fjh-dbsupport@ml.jp.fujitsu.com