GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2010年 >
  4. プレスリリース

『超高速データベースソリューション for Exadata』 を提供開始

~日本オラクル社様データベース専用マシン「Oracle Exadata V2」を活用した全国初のソリューションサービス ~

株式会社富士通北陸システムズ(代表取締役社長:松岡 貫、本社:石川県金沢市 以下、FJH)は、『超高速データベースソリューション for Exadata』を本日より提供開始します。本サービスは、オラクル資格の最高峰であるORACLE MASTER Platinum資格取得者数2年連続国内第一位(*1)の認定技術者によるプロフェッショナルサービスとして、日本オラクル株式会社様(以下、日本オラクル様)「Oracle Exadata V2」を活用した全国初のソリューションサービスとして、飛躍的な高速データベースシステムの安全且つ確実な構築を実現します。
        (*1) 2009年9月発表 : 2010年3月現在Platinum累計取得者数:72名

2010年3月17日

当社は、長年のOracleへの取り組みにより培った特化ノウハウと、日本国内ORACLE MASTER Platinum取得者数No.1に裏づけされた高い技術力に基づき、『超高速データベースソリューション for Exadata』を本日より提供開始いたします。
近年、企業内システムの高度化に伴い様々な種類のデータが管理されるようになり、さらには法規制に対するコンプライアンス対策に伴うデータの長期保存の必要性から、企業が管理するデータ量は飛躍的に増大しています。一方、競争力を強化するため、これらの大量データを迅速に処理し、経営に活用することがますます求められてきております。このような状況において、大容量データベースの検索性能劣化に伴う業務処理やデータ分析処理の長時間化による意思決定の遅延を、いかに回避するかが重要な経営課題となっています。
長年に渡る日本オラクル様との技術提携により、データベース専用マシン「Oracle Exadata V2」を活用した全国初のソリューションサービス化に至った本サービスを適用いただくことにより、データ量増加に伴う検索性能劣化やデータ分析の長時間化など、データベース性能に課題を抱えているお客様において、既存アプリケーション資産を有効活用し業務処理時間を従来のデータベースシステム比で数十倍の大幅な改善(*2)を実現いたします。
     (*2) 従来、30分かかっている集計分析処理が30秒へ短縮等
              (既存のシステム環境により時間短縮率は変動します)

データベース専用マシン「Oracle Exadata V2」の活用効果

日本オラクル様 Oracle Exadata V2について

「Oracle Exadata V2」は、最新のハードウェア技術とソフトウェア技術を融合し、並列処理テクノロジと分散ストレージの効率的アクセスを統合制御することで、データベース処理性能を飛躍的に高めた新しいデータベース専用マシンです(Sun Microsystems社製IAサーバ+Oracleデータベースソフトウェア)。テラバイトクラスの大容量キャッシュを実現するフラッシュカードや高速インターコネクト接続を支えるインフィニバンド、カラム単位でのデータの圧縮機能やストレージレイヤでのデータ絞込みなど、先進的なテクノロジを活用することにより、驚異的な性能向上を実現しています。
また、「Oracle Exadata V2」は通常のOracle Database 11g Release 2と同一のインタフェースであるため、既存アプリケーションを大幅に変更することなく有効活用できることが大きな特長の一つです。

サービスの概要・特長

超高速データベースソリューションfor Exadataでは、4のサービスを提供します。
名称 概要 特長
1 Exadata専用設計・
カスタマイズサービス
【必須】
お客様要件に応じたカスタマイズ
設定を実施
Exadata専用の設計項目、カスタマイズ作業をOracleスペシャリスト専任要員が実施することにより短納期で安全・確実にお客様要件に適合したExadata環境を迅速に稼働・活用が可能
2 バックアップ・リカバリ・
ソリューション
for Exadata
Exadataの内部構成を考慮した
バックアップ・リカバリ環境
構築を実施
特別なデータベース知識は不要な当社独自の簡易メニューにより容易で確実なリカバリを実現し操作ミスや二次災害の防止など安全なリカバリ環境を提供
3 Exadata運用監視
ソリューション
Oracle Enterprise Manager
(Grid Control) を活用した運用
監視の一元化を実施
Exadataを構成する内部サーバからのメッセージを統合しお客様環境の統合監視製品とのスムースな連携を当社独自技術適用により実現
4 DBマイグレーション
for Exadata
Exadataへのデータベース移行
(DBマイグレーション)を実施
日本オラクル様との共同検証を実施し豊富な提供実績のあるDBマイグレーション for OracleをExadata向けに適用し最適なデータベース移行方式のご提案、安心・迅速・確実な移行作業を提供
※1は必須ですが、2~4については、お客様のご要望に応じてご選択・ご適用いただけます
サービス概要(イメージ)
「超高速データベースソリューション for Exadata」サービス概要

※関連リンク http://jp.fujitsu.com/group/fjh/services/solution/exadata/

日本オラクル様からのエンドースメント

日本オラクル株式会社 常務執行役員 システム事業統括本部 三澤 智光 様
     
日本オラクルは、富士通北陸システムズ様による「Oracle Exadata V2」を用いた「超高速データベースソリューション for Exadata」の提供開始を歓迎いたします。
富士通北陸システムズ様はこれまで、多くの大規模、ミッションクリティカルシステムでのオラクル・データベースのプロジェクトに参画され、その高いスキルと経験により、多くのシステムチューニングを実施し、成功を収めてこられました。
2009年11月の「Oracle Exadata V2」国内発表以来、多くのお客様において「Oracle Exadata」をご採用頂いている中、このたびの同社による「超高速データベースソリューションfor Exadata」の提供開始により、多くのお客様が安心して、円滑なシステム構築を実現する強力な支援サービスになることを期待しております。

サービスの適用対象

日本オラクル様Oracle Exadata V2を対象といたします(Exadata V1は対象外)。
移行元システムのOSならびにOracleのバージョンは問いません。全ての環境に対応いたします。

販売開始日

即日

販売価格

1. Exadata専用設計・カスタマイズサービス 300万円~ (個別見積り)
2. バックアップ・リカバリ・ソリューション for Exadata 200万円~ (個別見積り オプション)
3. Exadata運用監視ソリューション 200万円~ (個別見積り オプション)
4. DBマイグレーション for Exadata 250万円~ (個別見積り オプション)

販売目標

今後1年間で1.5億円の売上を計画しています。

当社のオラクルへの取組みについて

当社は、1991年にオラクル製品の評価作業からデータベース製品への開発・サポートに携わり、長年に渡り継続的なノウハウの蓄積に努め、オラクルデータベースに特化した様々な独自のソリューションサービスを創出して参りました。また、データベース本体のみならず、周辺ツールやITインフラに至るまでのすべてについて設計/構築が可能な体制を有し、富士通グループのオラクルビジネスの中心的役割を担っております。
また、オラクルデータベース認定資格制度ORACLE MASTERの最高峰である「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g」資格取得者数が2年連続国内No.1となり、日本オラクル様より「ORACLEMASTER Platinum Award」を受賞しました(2010年3月現在、Platinum 10g取得者数:46名、累計取得者数:72名)。このORACLE MASTER Platinum資格取得者のノウハウを最大限に活かし、今後も、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。
ORACLE MASTER Platinum Award 2年連続第一位を受賞!
発表!ORACLE CERTIFIED CONSULTANT AWARD 2009 (日本オラクル社様HP)

当社が提供するオラクルデータベースソリューション

様々なオラクルデータベースソリューションにおいて、ORACLE MASTER Platinum資格取得者による付加価値の高いサービスをご提供いたします。
FJHが提供するオラクルデータベースソリューション

詳細については、下記URLをご参照ください。(FJH 製品&サービス ホームページ)
http://jp.fujitsu.com/fjh/services/

株式会社富士通北陸システムズ

所在地 本社:石川県金沢市増泉3-4-30
代表者: 代表取締役社長 松岡 貫
設立: 1983年9月
URL: http://jp.fujitsu.com/fjh/
事業所: 東京、金沢、富山、福井
事業内容: ・基本ソフトウェア研究、開発
・システムインテグレーション、コンサルティング
・アプリケーションソフトウェアの開発、販売
・データベース関連事業
     - Oracle製品のサポートビジネス
     - データベース設計・データベース環境構築
     - データベース運用監視およびバックアップ・リカバリー製品などの開発
     - 富士通および富士通グループ各社が構築する多くの大規模ミッションクリティカル
       システムにおけるデータベース適用業務

商標について

ORACLEおよびOracle、Exadataは、米国Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の登録商標です。
その他、記載されている社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース ID: FJH2010-0301
日付: 2010年3月17日
会社名: 株式会社富士通北陸システムズ,

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通北陸システムズ
データベースソリューション事業本部 沼田、坂井
icon-telephone 電話: 076-244-9700
icon-mail E-mail: fjh-dbsupport@ml.jp.fujitsu.com