GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

物流現場改善サービス

FUJITSU ロジスティクスソリューション FPG

物流センターの計画から設計を強力にサポート

ロジスティクス全体の見直しや構想立案を強力に推進・サポート

LOMOS/FPG(ロジスティクス改革立案サービス)は、お客様の経営方針をベースに拠点立地・配送計画・センター現場改善など、ロジスティクス全般の改革を支援するソリューションです。

特長

800センターを超える導入実績に基づいたスキルとノウハウを活かした改善

  • 800を超える物流センターのトータルソリューションとして豊富なセンター構築実績があります。
  • お客様の業務形態に合せた物流最適化を主眼として、現状運用の改善(コストダウン)提案や新規センター設計にも対応いたします。

各種分析・シミュレーションツールの活用により改善効果を明確化

  • 現場支援(工程分析、物量分析、物流/配送シミュレーション)から投資分析まで様々なツールを活用し「現状分析」と「改善ポイント」を短期間かつ的確にご提案します。
  • シミュレーションにより改善後の効果を視覚的に確認し「見える」物流をサポートします。

「現場診断」~「システム構築」~「稼動支援」に至るトータルサポートが可能

  • 現場診断からスタートして、庫内運用と情報システムを基軸としたプランニングを行います。
  • 建築・情報システム・マテハン設備の最適なトータルインテグレーションが可能です。

サービスイメージ

導入によるメリット・効果

  1. 物流センター構築を経営の一手段として考え、改善案の検討が可能
    現場効率化/標準化/品質管理と店舗・得意先サービス向上のため、庫内業務(入荷、集荷等)、各種実績(在庫管理、生産性等)などをトータルにご提案いたします。
  2. スタートアップ診断によって、お客様の課題・問題点を明確化
    スコアカード、アンケートによるスタートアップ診断によって、お客様の課題や問題点を的確に把握し、お客様の改革プランのご提案をいたします。
  3. 計画立案~構築~運用サポートまでのワンストップサービスにより、お客様のロジスティクス構想の実現を効率的にサポート
    計画フェーズ以降も、システム構築、物流サービス&サポートセンター(LSS)による一括保守対応と計画段階からの連携で、稼動後の継続した改善提案、コストダウン提案が可能です。

  • 2015年4月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。