GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション&サービス >
  3. InfoBarrier[インフォバリア]

InfoBarrier[インフォバリア]

~クライアント環境の統制・管理を強化し、情報漏えいをブロック~

情報漏えいにつながる端末操作の制限、資産管理の効率化をトータルにサポート

日々、サイバー攻撃にさらされる企業の情報システム。しかし、情報漏えいの原因は、外部からの攻撃だけではありません。
端末の操作ミスや紛失・盗難、さらには不正行為に起因するインシデントが半数を占めているといわれ、内部対策をいかに強化するかが、情報システム部門の重要課題となっています。InfoBarrierは、社員のモラル向上や人的リソースの強化によらず、PCや外部媒体の利用を統制・管理し、機密情報の流出を阻止します。

拡大イメージ (174 KB)

カタログ・体験版ダウンロード

システム管理者の運用を支援

【資産管理】
煩雑なライセンス管理、資産の把握を一括サポート

インベントリ情報の収集で、資産管理、ライセンス管理を支援。資産情報の見える化により無駄のない運用が可能です。

【グループ組織ごとのセキュリティ管理者設定】
管理者権限を分散することで、柔軟な運用が可能

各グループ組織ごとに組織情報変更可能な管理者を設定することが可能。システム管理者に集中していた運用の負荷を分散できます。

【遠隔サポート】
端末状況を遠隔地から確認し、トラブルに迅速に対応

不具合が発生した端末へ管理者がアクセスをし遠隔によるサポートを実施。すばやく障害を切り分けることができます。

【アラート通知】
禁止操作の実行時、リアルタイムに通知するように設定

違反操作があれば警告メッセージや操作禁止などのアラートを対象端末に送信できます。

クライアント端末のセキュリティ強化

【操作制限】
利用環境を変更することなく危険な操作を制限

情報漏えいにつながる危険な操作をInfoBarrier 単体であらかじめ制限可能。利用者に意識させることなくリスクを回避できます。

【特定外部媒体管理】
USB メモリなどの使用を厳重に管理

ドライブロック機能により無許可の外部媒体の使用を禁止。さらにワークフロー機能で外部媒体の利用も一括管理できます。

【ログ取得】
操作記録が残ることで、内部不正を抑止

端末の操作ログが取得可能なため、心理的に利用者の不正行為を抑止。また、機密情報の持ち出しが発覚した際にも役立ちます。

【暗号化】
データ持ち出し時の強制暗号化による機密情報の保護

ファイルを別媒体にコピーすると、強制的にデータを暗号化。万一端末を紛失したり、盗難にあったりしても機密情報を保護します。

カタログ・体験版ダウンロード
企業の情報をより安全に守るセキュリティソリューション


  • 2017年3月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。