GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

  1. ホーム >
  2. 新たなイノベーションへのアプローチ

新たなイノベーションへのアプローチ

行動の可視化 SNSの活用 次世代のものづくり コトの可視化

あらゆるビジネスシーンに「行動の可視化」からアプローチ

IoT技術を活用した位置情報活用基盤「ロケーションプラットフォーム EXBOARD」により、人や物の動きを可視化します。
生産・物流現場をはじめ、店舗・展示会・オフィス・各種施設といったあらゆる現場の人や物の動きを収集・蓄積し、お客様の保有データや気象・交通情報などのオープンデータと組み合わせることで、マーケティング分析やトレンド予測といった新たな価値の創出します。

EXBOARD for Exhibition コンセプト動画

SNSを活用したアプローチ

SNS上の「ヒト」の声と位置情報、画像をつなぎ合わせ、お客様の判断と行動を支援します。

事件・事故・災害、世間のトレンド、反響・反応などあらゆる情報やキーワードをSocialiveでリアルタイム・モニタリングします。

FUJITSU Intelligent Data Service SociaLive(富士通サイト)新規ウィンドウが開きます

「次世代ものづくりICT」へのアプローチ

ものづくりに関わる多くの企業と連携・協業しながらグローバルな競争に勝ち抜くものづくりの実現を目指し、さまざまな取り組みを進めています。

ものづくり競争力強化。リファレンスモデルの開発。ものづくり業務改革のための基盤技術。IoTを活用したプラットフォームのための標準化。ものづくりとITが融合したビジネスシナリオ。

社会・環境の「コトの可視化」からイノベーション

今までのセンシング技術や豊富な業種、業務システムノウハウより社会問題の解決を視点に、業種・業務を問わず、お客様の現場に点在するヒトやモノの情報を収集し、新たな気づきやイノベーションを生むための「コトの可視化」を提供します。
点と点をつなぎ、お客様の課題の本質を見極め、次のイノベーション(アクション)へ繋げるためのご支援をいたします。

IoT/M2Mソリューション導入事例(富士通サイト)新規ウィンドウが開きます

社会・環境型センサーソリューションコンセプト動画


  • 2015年9月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。