GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

  1. ホーム >
  2. 会社概要 >
  3. 品質保証活動

品質保証活動

高度で厳密な基準のもとに全ソリューションの高品質化を実現します。

富士通アドバンストエンジニアリングでは、お客様の要求事項に的確にお応えするため、高品質を実現するフレームワークとして「SDEM、VisionFrame」を定めており、マネジメント、技術、人材育成の3つの観点から品質向上を実現しています。

当社は、ソリューション担当部門と品質管理組織が協調し生産活動を行うことでご満足いただけるソリューション(品質・納期・機能)を提供します。
(当社は1997年より品質保証の国際規格であるISO9001の認証を取得しています。)

品質を実現するフレームワーク

[CF人材開発]SDEM/ITBASP、SDEM/ITIMAP、PMマネジメント
  • VisionFrame / PM(プロジェクト管理実践標準)
    富士通の標準プロセス体系であるSDEM、PMBOKをベースにしたプロジェクトマネジメントに関するフレームワーク
  • SDEM / ITBASP(アプリケーション開発実践標準)
    アプリケーション開発における作業開発標準を定めたフレームワーク
  • SDEM / ITIMAP(システム基盤実践標準)
    システム基盤構築におけるインフラ構築標準を定めたフレームワーク
  • VisionFrame / CF(キャリアフレーム体系)
    ソリューションプロバイダーである企業活動において社員として成長するためのロードマップを定めたフレームワーク
 

テスト品質向上への取り組み

当社は、JSTQB (Japan Software Testing Qualifications Board) が運営・認定する 「ISTQBパートナープログラム(注)」において 「Silver Partner」 の公認を受けています。
(注)品質技術およびテスト技術の向上に尽力している会社や組織を認定するパートナーシップスキーム

ISTQB Silver Partner
 

当社の情報セキュリティへの取り組み

ISO27001に基きPDCAサイクルを確実に回し、情報セキュリティを向上していきます。

富士通アドバンストエンジニアリングは、情報および情報システムの「機密性」、「完全性」、「可用性」を維持し、災害、機器の故障、故意・過失によるセキュリティ事故を未然に防止するため、情報セキュリティ委員会とソリューション担当部門が連携し、安全かつ充実したサービスを提供します。

  1. 情報セキュリティ委員会活動
    経営者を含めたマネジメントレビューの実施。
  2. 情報セキュリティ対策の周知徹底
    毎月1回、幹部社員が出席する会議にて周知するとともに、全社員に対しe-ラーニングにて周知を実施。
  3. 情報セキュリティ環境の設備
    高セキュリティプロジェクトについてはクリーンルームを設置。
  4. 情報セキュリティ点検
    プロジェクト毎の点検の実施および部門/プロジェクトに対する内部監査を実施。