GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

高速情報活用システム
FUJITSU Software JETBI(ジェットビーアイ)

JETBI
富士通の購買システムから生まれた情報活用システム

JETBIとは

富士通の生産・調達部門の「業務効率化」から生まれたシステムが約10年間の実践・ノウハウ・経験を重ねてきました。機能としてはETLからレポーティングまでをサポートするBI(ビジネスインテリジェンス)ソリューションです。高速性とデータ可視化による対話型インターフェースを特徴とし、迅速で快適な情報活用が実現できます。従来、富士通のリファレンスモデルとして「PowerSCM」と呼称されているこのシステムを、今般、富士通ビー・エス・シーで商品登録を行い「JETBI」として2010年4月より販売致しました。

特徴

データの可視化が生み出した使いやすさ

データを可視化したインターフェース(特許申請)により、検索・集計をはじめとした情報活用の際に明細データと対話しながら作業できるため、実際の業務に即した使いやすさが大きな特徴です。

必要な情報がすぐ見れる快適さ

高速データ処理エンジンにより必要な情報を瞬時に提供します。通常30分かかっていたデータの絞り込みを、わずか3秒注1に短縮するなど、これまでに体感したことの無いスピードです。

「ツールありき」ではなく「業務ありき」

業務の効率化から生まれた「PowerSCM」は、富士通及び、富士通グループ会社の調達部門合計約860名で長年の間、実業務で活用され洗練させた歴史があります。そのノウハウを反映してJETBIは業務を見据えた、すぐれて実戦的なソリューションとなっています。

プログラミング・検証工程を軽減

ETL(抽出/変換/マート作成)やDWHのバッチ処理に対して、実データを使用しGUI操作で構築ができるため、プログラミング・検証作業が軽減されます。

  • 注1:当社実測値によります。

導入効果

高速化による手番短縮・コスト削減

バッチ処理注2の高速化(数十倍~数百倍の高速性を実現) による手番短縮およびコスト削減を実現します。また、明細データを直接使用してGUI操作でバッチ処理プログラム開発が可能です。

業務の効率化・スピードアップ

大量データをデータの可視化技術により、エンドユーザがデータと対話しながら簡単に扱えて、自由検索・集計・分析操作を行なうことができ、定型・不定形業務の効率化とスピード向上を実現します。

各種システム移行に於けるプログラム開発・移行・検証の手番短縮

各種システムの移行・立ち上げ検証として大量データの結合・JOIN・集約・編集が、GUI操作でデータを確認しながら簡単に扱える為、システム部門の移行ツールとしても活躍、プログラム開発・移行・検証の手番を短縮できます。

  • 注2:売上や受注の集計処理など、ある期間や数量をまとめて行なう一括処理、または処理の順番を設定して行う連続処理のこと。

JETBI システム概略

GTM-TGJ93T