GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. FENCE-Mobileシリーズ >
  4. 導入事例 >
  5. 大阪ガスセキュリティサービス株式会社 様 導入事例

「FUJITSU Security Solution FENCE-Mobile RemoteManager」を導入。
スマートフォンと連動した高セキュリティな警備システムで駆けつけを迅速化。

本社外観
本社外観

大阪ガスセキュリティサービス株式会社様 導入事例


関西圏のマンション向けセキュリティでシェアNo.1であり、ホームセキュリティ「アイルス」など多彩な事業を手掛ける大阪ガスセキュリティサービス株式会社は、富士通ビー・エス・シーの「FUJITSU Security Solution FENCE-Mobile RemoteManager」を導入。高度なセキュリティを確保しながら既存の警備システムをスマートフォンの位置情報と連携させ、「ビートエンジニア」と呼ばれる警備員のリアルタイムな位置管理を実現した。これにより警報から出動までの時間をさらに短縮し、現場への駆けつけを迅速化。さらに警備関連資料をスマートフォンに移行するなど、業務効率化と警備対応の高品質化を実現。暮らしや社会の安全・安心・快適を支え続けている。

【導入事例概要】

業種: セキュリティサービス
製品: MDMソリューション「FUJITSU Security Solution FENCE-Mobile RemoteManager」
課題 対策と効果
1 警報を受けてから出動までの時間をさらに短縮したい
警備員にスマートフォンを配布、警備員の位置情報を活用した出動指示で駆けつけを迅速化
2 コントロールセンターと警備員間における情報共有の精度を高めたい
出動内容をスマホアプリで正確に伝達。現場とコントロールセンター間のリアルタイムな情報共有により警備対応の品質を向上
3 お客さま情報や警備関連資料など、紙の運用を効率化したい
各種情報をスマートフォンに移行、現場の警備員が安全かつ効率よく利用できる環境を構築

導入の背景

警報から出動までの、さらなる時間短縮を目指す

大阪ガスセキュリティサービス株式会社は、大阪ガスの施設警備を担う会社として1981年に創業した。以来、グループ企業の一員として関西圏でサービスを拡大し、現在では住宅、マンション、オフィスの機械警備業務、ビルや商業施設、工場などの常駐警備業務、さらにはガス供給ネットワークの保守点検業務など、暮らしと社会を支える幅広い事業を展開している。

コントロールセンターチーム センター長 前端 圭三 様
前端 圭三 様
大阪ガスセキュリティサービス
株式会社
セキュリティサービス部
コントロールセンターチーム
センター長

システム・業務チーム マネジャー 小坂 直也 様
小坂 直也 様
大阪ガスセキュリティサービス
株式会社
セキュリティ計画部
システム・業務チーム マネジャー

ビートエンジニアチーム マネジャー 西川 大輔 様
西川 大輔 様
大阪ガスセキュリティサービス
株式会社
セキュリティサービス部
ビートエンジニアチーム マネジャー

主力のセキュリティ事業においては、ライフラインを支える重要施設で長年にわたり培ったノウハウを最大限に活用。住宅やマンション、オフィスをコントロールセンターから24時間365日、センサーで見守り、不法侵入や火災、ガス漏れなどの異常を検知すれば、専門知識を持つ警備員「ビートエンジニア」が迅速に現場へ駆けつける。

認知症サポーターである警備員による高齢者の見守りなど、きめ細かなサービスも特徴だ。セキュリティサービス部でセンター長を務める前端氏は「我々が目指すのは、安心・安全、そして『快適』な暮らしの実現です。そのためには防犯・防災以外の不安にもきちんと応えることが必要だと考えています」と語る。個々のお客様の要望にも応えるサポート体制により、「安心・安全・快適」な暮らしと社会を実現していく。

そんな大阪ガスセキュリティサービスでは、より一層のサービス向上を目指し、コントロールセンターとビートエンジニア間における電話や無線、メールなどを活用した従来の連絡体制を強化したいと考えていた。

「コントロールセンターは警報を受けると最寄りの待機所に速やかに出動指示を出すのですが、ビートエンジニアが他の現場対応に追われていた場合、改めて別の待機所から人員を派遣する必要がありました。同時に、声による伝達が聞き取りにくい状況下でも、ビートエンジニアに対して指示内容がより正確に伝わる環境を整えたいと考えていました」(前端氏)

導入のポイント

高い安全性を確保し、警備拠点へのスマートフォン配備が可能に

大阪ガスセキュリティサービスでは、警報から出動までのさらなる時間短縮と、より正確な現場対応の実現を目指し、それまで運用していた警備案件の管理システムの刷新に着手。関西の各エリアを担当するビートエンジニアにスマートフォンを配布し、位置情報を活用しながら、コントロールセンターからビートエンジニアの現在地や状況をリアルタイムに見える化する仕組みを構築しようとした。

プロジェクトの中心を担ったセキュリティ計画部システム・業務チームマネジャー 小坂氏は「スマートフォンと位置情報を活用すれば、いま現場に最も早く駆けつけることのできる人にピンポイントで出動が指示できます。また声だけではなくアプリで対応内容を伝達できるので、より精度の高いコミュニケーションが実現すると考えたのです」と語る。

しかし、管理システムとスマートフォンの連携実現に、セキュリティの確保は避けては通れない課題であった。端末の紛失・盗難や不正利用などによる情報漏えいリスクへの対策が担保されないと、せっかくのビジョンも絵に描いた餅で終わってしまうからだ。慎重に議論を重ねた結果、最新かつ多彩な機能でスマートフォンのセキュリティを一括で管理するMDM(モバイルデバイスマネジメント)ソリューションに着目した。それが富士通ビー・エス・シーのFUJITSU Security Solution FENCE-Mobile RemoteManagerだった。

「万一スマートフォンを紛失しても遠隔ロックやデータ消去により、情報の安全を確実に守り抜くその機能は、まさに我々が求めていたものでした。またリアルタイムな位置管理機能が標準装備されており、今回の要求にかなうシステムをスムーズに開発できる点も魅力でした」(小坂氏)

システム概要

スマートフォンとの連動で、位置情報を活用した警備システムを構築

警備案件管理システムの進化には「FENCE-Mobile RemoteManager」の導入が必須と判断。採用決定から約1年の開発期間を経て、新たなシステムは無事に稼働の時を迎えた。新システムは、ビートエンジニアに配布されたスマートフォンの位置情報とリアルタイムに連携。コントロールセンターではお客さま宅からの警報を受けると、指令者がその現在地や状況から最適なビートエンジニアを選択。無線とスマートフォンへの通知により速やかに出動指示を出せる仕組みを整備した。これにより警報から出動までの時間をさらに短縮し、より迅速な現場への駆けつけが可能になった。

また、その高度なセキュリティを最大限に活用し、様々なデータを、端末のアプリケーションを起動するだけで素早く安全に閲覧し、その場で警備対応上の注意点などを把握できるようにした。

セキュリティサービス部ビートエンジニアチーム マネジャー 西川氏は「各種情報のペーパーレス化は、駆けつけの迅速化と共に長年のテーマでした」と語る。「情報の閲覧性が高まったことで、出動までがさらにスピーディに、現場での警備対応もよりスムーズになる。ペーパーレスによる安全な情報管理を実現する『FENCE-Mobile RemoteManager』の導入で、我々の当初の要求を超えたシステムを構築できたのです」(西川氏)

大阪ガスセキュリティサービス株式会社 様 システム概要

導入効果と今後のポイント

警備対応の品質向上により、ひとつ上の安心・安全・快適を実現

新たなシステムの効果は絶大だった。コントロールセンターでは、指令者がマップ上に示された位置情報から駆けつけ可能なビートエンジニアをひと目で把握。警報が発せられたエリア担当以外の指令者でも、誰をどの現場に急行させるべきかを素早く見極めて、迅速かつ正確に出動指示を出せるようになった。「1分1秒を争うシーンで指令者が迷うことなく采配を振ることができる、高度な警備応援体制が整備できました」(前端氏)

またお客さまや警備に関連する情報を、スマートフォンで安全かつ迅速に閲覧できることが、警備対応の品質を大きく向上させた。「いつでもどこでも必要な情報を手元で確認できるので、ビートエンジニアがどんな現場でも慌てることなくスムーズに対応できるようになりました。またコントロールセンターと同じ情報を現場で共有しながら正確に指示を仰げるので、高いレベルでのサービス均質化にもつながっています」(西川氏)

大阪ガスセキュリティサービスでは、今後は警備後の出動報告書の完全電子化やスマートフォンの音声操作などの機能拡張も視野に入れていきたいと言う。「その時々のテクノロジーの進化や警備ニーズを反映しながら、『FENCE-Mobile RemoteManager』の高度なセキュリティを存分に生かして、お客さまにより満足度の高いサービスを提供できるようシステムをさらに発展させていきたいです」(小坂氏)

人間には誰もが安心・安全・快適に暮らす権利がある。そんな当たり前をみんなが享受できる毎日の実現を目指して。大阪ガスセキュリティサービスは「FENCE-Mobile RemoteManager」を原動力に、今日も暮らしと社会を守り続ける。

【大阪ガスセキュリティサービス株式会社様 概要】

所在地 大阪府大阪市淀川区十三本町3-6-35
創業 1981年1月
代表者 代表取締役社長 増田誠
従業員数 938名(2016年4月現在)
事業概要 大阪ガスグループの一員として、幅広いセキュリティ事業を展開。
ホームセキュリティ「アイルス」を中心とした家庭用・業務用の防犯・防災業務、オフィスビル・商業施設・工場・マンションなどの常駐警備業務、高齢者を見守る緊急通報業務、さらにはライフラインであるガス供給ネットワークの保守・点検業務、賃貸マンション管理の受託業務など、多彩なサービスと万全のサポートにより、暮らしと社会の安全・安心を守り続けている。
ホームページ 大阪ガスセキュリティサービス株式会社Open a new window

 【事例カタログ】


PDF のリンク先をご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Reader をインストールすることにより、PDFファイルの表示・印刷が可能になります。

GTM-TGJ93T