GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

コアテクノロジー
~加速する先進技術が未来を創る~

富士通ビー・エス・シーが創る高性能・高品質の開発技術をご紹介します。

技術開発における環境構築からアウトプットまで、システムの進化に貢献

エンベデッドビジネスに要求される技術領域や環境の進化はとどまるところを知りません。富士通ビー・エス・シーは市場が要求する技術領域、サービスをいち早くキャッチアップ。様々な分野の製品開発に貢献し、お客様の要望に沿ったサービスを提供します。

自動車関連

自動車の基本性能である「走る、曲がる、止まる」に加え「つながる、安心・安全」を実現する各種制御機器/情報機器に実装されるソフトウェアに必要なサービスを提供しています。

  • MATLAB®/Simulink®注1を活用したモデルベース開発支援
  • AUTOSAR注2規格に準拠したソフトウェア開発支援
  • Automotive SPICE®注3をベースとした開発プロセスの改善支援

医療機器向け応用技術

  • 医療機器ソフトウェア-ソフトウェアライフサイクルプロセス(IEC 62304)に準拠した開発
  • 医療機器・スマートデバイス・クラウドによる統合的なサービスへの対応

高速で移植性の高い画像処理開発

  • 各種グラフィックライブラリの活用・導入支援
    (OpenGL®, OpenCV, OpenVG, DirectX®など)
  • アルゴリズムの軽量化設計およびアクセラレーター活用した高速化
  • 画像補正/変換、ノイズ除去などを組み合せた応用画像処理の実現

デジタル信号プロセッサ(DSP)を用いた高性能開発

  • DSPの性能を引き出す設計技術(キャッシュ効率最適化、マルチコアを意識した最適化、排他制御を使わないモジュール構成 など)

注釈

(注1)
MATLAB®/Simulink®:MathWorks®社によって開発された、設計/シミュレーション/自動コード生成、組み込みシステムのテストと検証などが行える、シミュレーションソフト ^
(注2)
AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture):2003年7月に欧州自動車メーカーやサプライヤー企業(部品メーカー)を中心に設立されたコンソーシアム ^
(注3)
Automotive SPICE®:欧州の自動車メーカーが中心となって策定した、開発プロセスの共通フレームワーク ^

カタログ・資料。カタログ、事例資料をダウンロード(PDF)いただけます。ダウンロード(PDF)はこちら。

エンベデッドシステム(組み込み技術・開発)に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ: 03-3570-4862

株式会社富士通ビー・エス・シー
エンベデッドシステム本部

受付時間:平日9時~17時
(土曜・日曜・祝日・弊社指定の休業日を除く)

GTM-TGJ93T