GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

コンセプト

統合データベース思想

  • 営業・施工など業務上で発生するさまざまな情報を一元管理し、経理・人事などの管理部門が持つ経営上の情報に連携し、統合データベースで集中管理します。
  • データを一元で集中管理することによって、経営状況の早期把握や将来の経営戦略などをサポートする価値の高い情報を生み出します。

スピード経営の実現

  • 各現場各拠点でのデータ投入が可能になります。投入したデータが即時に反映されリアルタイムで情報取得が実現できます。
  • 入力されたデータが統合データベースに即時に反映され、管理情報、管理帳票が取得できます。スピーディーな経営判断を支援します。

ペーパーレスの実現

  • 高機能なデータ照会機能が実装されており、画面でのデータ表示に加え表計算ソフトやCSVへの出力が可能です。紙による出力を極力省いた業務が行えるように配慮しました。
  • 汎用照会画面により、利用者が取得したいデータを自由に選択できます。データ項目の並び換え、表示順を任意に指定してデータの参照取得が可能です。(簡易データウェアハウス)
  • データ照会画面に実装されているドリルダウン機能で、関連するデータの追跡が可能です。管理帳票で発見した異常値から入力原票までデータを追跡できます。
  • 帳票出力に際しては、プレビュー画面の表示が可能です。また直接プリンターに出力するだけでなく、PDFファイル形式で出力することも可能です。


富士通グループはグリーンICTでお客様・社会の環境負荷低減に貢献し、
「お客様とともに、低炭素で豊かな社会を創造する」ことを目指しています。
CAP21は、富士通の「環境貢献ソリューション」登録製品です。

経営環境への取り組み

  • キャッシュフロー計算書、工事進行基準、資産除去債務など、国際会計基準に対応しています。
  • 四半期決算、電子債権、電子帳簿など最新の経営環境の変化にも対応しています。
  • 営業管理、資機材管理、販売管理など建設業を取り巻く様々な業務をシステム化し、業務効率化を高め、スピーディな経営情報を提供します。

トップマネジメント支援

  • リアルタイムに取得できる情報とデータの活用が容易に行なえる高機能なデータ照会機能を使用して、経営判断の材料を提供します。
  • 目的別に用意された各種照会画面を用いて経営判断情報をデータ出力することで、報告資料の作成を速やかに行うことが可能です。

内部統制への対応支援

  • 承認機能によって、伝票決裁等の承認処理が可能です。決裁金額等の条件で分岐可能な承認ルート設定が可能です。承認履歴も管理されており、内部統制の強力なツールとなります。
  • 伝票の起票、変更、削除履歴はもとより、受注、発注、実行予算等主要業務のデータを履歴管理しています。各画面へのアクセス情報、データベースへのアクセス情報を蓄積しており、証跡調査が可能です。高度なセキュリティ管理によって、内部統制への対応を強力に支援します。
GTM-TGJ93T