進化した仮想デスクトップサービスの導入で、ニューノーマル時代を見据えた働き方改革を促進

近年、新型コロナ対策と働き方改革を目的として、企業・組織で導入に着手、あるいは検討が進められているテレワーク。だが、様々な障壁により、まだまだ多くの企業・組織で導入が進んでいないのが実情だ。これに対し富士通は、テレワーク導入における障壁や課題を解消するとともに、働き方改革を加速させる仮想デスクトップサービス「FJDaaS」の提供を開始、企業のワークスタイル変革を強力に支援している。

<目次>

  • 富士通が提供する多彩な仮想デスクトップサービス「FJDaaS」
  • FJDaaSの導入により多くの企業が働き方改革を達成
  • 多種多様な働き方を実現し、イノベーションの創出を支援する富士通のソリューション

アフターコロナ時代に向け、今こそ働き方の変革を

昨今のデジタルトランスフォーメーション(DX)に対する機運の高まりに加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、企業は「ニューノーマル」への適応が急務となっており、ビジネスモデルや業務プロセスの見直しとともに、働き方改革が強く求められている。

そうした働き方改革を促進する手段として、注目を集めているのがテレワークだ。テレワークに踏み出す直接的な理由として、新型コロナウイルス感染拡大防止を挙げる企業は多いと思われる。だが、それはテレワークの本質的な目的ではない。テレワークを導入する最大の目的は、どこにいても世界中の人とつながる環境を実現し、効率的な業務の遂行が可能になること。つまり、ニューノーマルに適応した働き方を実現し、企業の新たな成長を促すことにある。
その上で、これからの社員の働き方とオフィスの在り方を考えた場合、「環境」「共有」、そして「安全」の3点が重要なポイントになってくる。つまり、「いつでもどこでも視覚化された情報を共有できる環境」と「安全に集まれる環境」の実現だ。

富士通は自らが実践してきた働き方改革に関する知見とノウハウを結集し、ニューノーマル時代における新たな働き方を実現するソリューション「FUJITSU Work Life Shift」を提供している。具体的には、ワークスタイルを最適化する「Smart Working」、場所や時間の制約を解放する「Borderless Office」、企業文化の変革を促す「Culture Change」の3つのカテゴリーに体系化し、働き方改革を促進するソリューションやサービスを展開している。本稿では、Smart Workingの領域となるテレワークを取り上げ、今、そして未来を見据えた働き方改革を実現する方策について解説する。

テレワーク導入の障壁を解消する、仮想デスクトップサービス

いざ、テレワークを実施しようとしても、その一歩を踏み出せない企業は少なくない。その理由には情報漏洩の不安があり、いかにセキュリティを確保しながら社内環境に接続するか、という課題がある。一方、システム管理者には、運用管理負荷の増大も懸案事項だ。
これらの課題を解決するものが、「仮想デスクトップサービス」である(図1)。仮想デスクトップサービスとは、データセンターなどに設置された仮想デスクトップ基盤にネットワーク経由でアクセスし、データやアプリケーションを利用するもの。社員が利用する端末にはOSやアプリケーション、記憶媒体が搭載されておらず、データはサーバ上に保管される。したがって、端末の紛失や盗難に際しても情報漏洩を防げるほか、どこからアクセスしても同じ仮想デスクトップ環境が利用できるので、あたかもオフィスにいるのと変わらずに業務を行えるようになる。

上段左から、ローソン 牧野様、鈴木(啓)様、佐野様 下段は、富士通 鈴木(良)、宮島 図1 仮想デスクトップサービスの利用イメージ

仮想デスクトップサービスの導入メリットについて、利用者別にさらに詳しく見ていこう。

多種多様な働き方を実現する進化した仮想デスクトップサービスとは
続きは、こちらからお読みいただけます。

進化した仮想デスクトップサービスの導入で、ニューノーマル時代を見据えた働き方改革を促進

概要

  1. アフターコロナ時代に向け、今こそ働き方の変革を
  2. テレワーク導入の障壁を解消する、仮想デスクトップサービス
  3. 富士通が提供する多彩な仮想デスクトップサービス「FJDaaS」
  4. FJDaaSの導入により多くの企業が働き方改革を達成
  5. 多種多様な働き方を実現し、イノベーションの創出を支援する富士通のソリューション

ページの先頭へ