小売のReimagineーーこれまでにない
店舗体験の創出

コロナ禍で加速する消費行動のデジタルシフト。
慢性的な労働力不足。きしみ始めた物流。
小売の新しい価値創造が急務です。
富士通と創りませんか。
“また来店したくなる”新しい顧客体験、
従業員のウェルビーイング、
レジリエントでロスのないバリューチェーン。
世界最先端の技術と小売ITの知見を駆使して
お客様のDXをお手伝いします。

Reimagineをかたちに変える 富士通だからできる小売のデジタルトランスフォーム

“また来たくなる”“買いたくなる”顧客体験と
“働くことを楽しいに変える”従業員体験

人手不足で店員への負荷が増す一方で、コロナ禍の影響で消費行動のデジタルシフトが加速する。EC市場の拡大で労働力不足に悩む物流がきしみ始める──。そうした小売の課題を一挙に解決するのが富士通のDXです。
目指す一つは、ECと実店舗の一体化による新しい価値創造。
実世界でしか成しえない体験と、ECの持つ便利さと自由を融合させ、「また来店したくなる」「買いたくなる」これまでにない顧客体験(CX)の創出と、働くことに幸福感とやりがいを感じさせる従業員体験(EX)創りを同時に目指します。
併せて、物流のシステムを最適化。「ラストワンマイル」の課題解決にも資するロスゼロでレジリエンスな、そして異業種が密接につながる新たなバリューチェーンの構築も実現していきます。

新たな価値創造に向けて富士通の技術力とノウハウを結集

富士通の大きな価値は、小売の新たな価値創造を支え、加速させる世界最高レベルの技術力と活用の豊富な知見があることです。レジなし店舗を実現するウォークスルーチェックアウト、キャッシュレス決済、マルチ生体認証、店舗オペレーション全体を効率化・自動化するIoT、人工知能(AI)──。すべてを富士通にお任せください。世界最先端のテクノロジーと小売システムの構築で培ってノウハウを総動員して、お客様のCX、従業員のEX、そしてバリューチェーンの革新を加速していきます。

Reimagineの実践 スマートストアの実現

“Brainforce” が実現するレジなしのCX&EX

「Brainforceウォークスルーチェックアウト/キャッシュレス決済」は、実店舗でのスマートフォンによる買い物を実現します。来店客は、商品のバーコードを読み取りその場で決済を完了。レジに並ぶ必要はなくなります。もちろん、店舗スタッフのレジ業務も不要になり、CXとEXがともに向上します。さらに、購買データの収集が実現され、販促の強化にも役立ちます。

手ぶらでの買い物:レジレス実験店舗
“Lawson Go”での実践

ローソンと富士通は、レジレス実験店舗をオープンしています。ここでは財布もスマホも持たないお買い物が可能です。一度体験してしまうと、これほど楽なことはありません。既に多くの富士通社員や見学のお客様がこの体験をしています。
来店客は品物を手に取り、退店するだけ。店舗スタッフは商品の品出し作業を行うだけ。店内のカメラや重量センサーの情報から、来店客や商品の動きをAIが解析し、退店時に自動で決済を完了。入店は、非接触かつマスクをしたままで可能です。レジレスの仕組みは、米シリコンバレー企業がもつ“Zippin“を採用。本人確認では富士通研究所が開発したマルチ生体認証を世界初導入。世界最先端の技術と小売システムの知見をフルに活用しています。

次世代店舗「Lawson Go」の体験 および ニューノーマル時代の店舗を考えるワークショップ(ご案内)

■Lawson Goの見学ツアー
かつてない店舗のCX&EXを実現した“Lawson Go”──。富士通では、実際に体験されたい方に見学ツアーを随時提供しています。

■ニューノーマル時代の店舗を考えるワークショップ
ベストなCX&EXの実現方法が多様化する中、富士通ではお客様と一緒に将来の店舗価値を定義し、その実現に向けた第一歩の明確化を目指すワークショップを提供しています。

富士通による業界動向・最新事例のご紹介も参考にしていただきながら、「理想の店舗のかたち」についてデザイン思考を取り入れ発想し、深掘りしていきます。

「目指すべき店舗の姿がぼんやりとしか見えていない」「他店舗の成功事例を知りたい」「現場の声を聞きたい」──そのようなお客様はぜひご参加を。

※見学ツアー、ワークショップ(オンライン)は法人のお客様向けプライベートセッションです。詳細は担当営業までお問い合わせください。

導入事例

ホワイトペーパー

オープンイノベーションで実現した
レジレス店舗の事例から見る課題と未来

人々の暮しに身近なコンビニエンスストア。株式会社ローソンと富士通のオープンイノベーションで生まれた「レジなし店舗」は、リテールのDX(デジタルトランスフォーメーション)をさらに加速していきます。

大手スーパーの事例から見る、
リテールDXを加速させる秘訣とは

さまざま変化が起きているリテールビジネス市場。富士通は、小売業のデジタルシフトを支援・加速するための、新たなソリューションを提供しています。消費者の購買意欲を高め、小売業界で働く人たちに「働きがい」を感じてもらえるようなソリューションについて、カスミ、マルエツ、マックスバリュ関東というスーパーマーケットを展開するU.S.M.H様の具体的な事例を交えてご紹介します。

お財布もスマホも持たずに手ぶら決済──
ローソン×富士通の“新しいコンビニ”展開

お財布も、スマートフォンも持たずに、手ぶらで買い物ができる──。 ローソンが“ レジなしコンビニ”の実験店舗「Lawson Go 富士通新川崎TS レジレス店」を2020年2月にオープンさせ1年が経過しました。なぜ、ローソンはレジなしコンビニをオープンしたのか。いわゆるセルフレジ型ではなぜだめだったのか。いま改めて、次世代コンビニと言われるこの店舗の狙いやローソンの戦略をひも解きます。

ソリューション

小売のDXを支援する新ソリューション「Brainforce」

消費者はユニファイドコマースやフリクションレスショッピングなどのオンラインとオフラインを融合した便利な買い物が可能に、小売業者は業務効率化とデジタルトランスフォーメーション(DX)が実現可能になります。

施設・店舗DXを実現する
「GREENAGES Citywide Surveillance」

カメラ映像から、プライバシーに配慮して、リアル空間の人物行動や属性情報、車両情報などをデジタルに把握します。
経験や勘のみに頼らない、定量的なデータに基づく施設や店舗施策の検討・実行が可能になります。

リテールソリューション

店舗からeコマースまで、これからのDX時代のリテールビジネスを加速するソリューションをご提供します。

店舗ソリューション

量販店をはじめとした当社の幅広いソリューションや、ハード・ソフトウェア製品、導入/運用支援サービスなどをご紹介します。

【大手スーパー事例】AI需要予測適用による3つの効果とは

流通業ではいま、市場ニーズの多様化により、多品種・少量生産や商品ライフサイクルの短期化が急速に進み、廃棄ロス・機会ロスが課題となっています。
従来、人の勘と経験に頼っていた客数予測にAIを活用することで、予測精度の向上と工数の削減に成功。人的予測の2倍の精度を実現し、発注精度向上により廃棄ロスの削減にも貢献しています。

eコマース構築ソリューション SNAP EC

eコマースは、もはや単なるネットショッピングの仕組みではなくなりました。あらゆる買い物のバックエンドとして、その可能性はアイデア次第で無限に広がります。
SNAP ECシリーズは、顧客への新たな体験価値の提供と業務システムの効率化を両立するソリューション。先進技術も活用した新しいeコマースの世界を創造します。

ニューノーマル時代のセキュリティを支える生体認証技術のメリットとは

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、私たちの生活が「非接触・非対面」にシフトし、同時に「省人化・無人化」も求められています。そこで注目を浴びているのが生体認証技術です。もっとも安全性、認証精度、受容性で優れた生体認証技術である「手のひら静脈」認証について富士通の取り組みをご紹介します。

富士通とZippin、リアル店舗のデジタル化加速に向けて協業開始

本協業を通じて、富士通はレジレスソリューションの活用とキャッシュレス化を基軸に、マルチ生体認証による本人認証、省人化・省力化・無人化オペレーション、非接触・非対面オペレーションといった周辺機能の強化・拡充を図り、2021年9月までに、新たな購買体験を実現するソリューションを開発し、提供開始します。

物流業界の課題にみる、
システム化のポイントとは?

物流業界は、小口・多頻度配送への対応、ドライバー不足など、様々な課題に直面しています。こうした課題の解決に向けデジタル技術の活用が進みつつありますが、荷主、倉庫、物流会社、店舗など様々な事業者が関係し連携する物流現場では、どのようなソリューションの導入が効果的なのでしょうか。物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速する解決策を探ります。