GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ETERNUS BE50 : 製品のご使用にあたって

今までに発表した製品
FUJITSU Storage ETERNUS BE50 : 製品のご使用にあたって

更新日:2016年5月17日

掲載日:2014年12月5日

ETERNUS BE50 バックアップアプライアンスは、2014年12月5日に販売終息しました。
本製品の後継製品は、ETERNUS BE50 S2 バックアップアプライアンスです。

ETERNUS BE50に関する「重要なお知らせ」と「関連資料(注意事項、環境設定シート等)」を掲載しております。該当製品をご使用のお客様は、必ずご参照ください。

重要なお知らせ

OpenSSL における Change Cipher Spec メッセージ処理の脆弱性
(CVE-2014-0224)の影響について

OpenSSL Project が提供する OpenSSLには、初期 SSL/TLS ハンドシェイクにおける Change Cipher Spec メッセージの処理に脆弱性(CVE-2014-0224)が存在します。
本脆弱性によるETERNUS BE50への影響については以下を参照願います。

詳細:「PDF ETERNUS BE50 バックアップアプライアンス注意事項
(参照: 2.11 OpenSSL における Change Cipher Spec メッセージ処理の脆弱性(CVE-2014-0224)の影響について)

OpenSSL ‘Heartbleed’ 脆弱性問題(CVE-2014-0160)の影響について

OpenSSL Project が提供するOpenSSLにリモートからメモリ情報を参照可能な脆弱性(CVE-2014-0160)の存在が報告されております。
本脆弱性によるETERNUS BE50への影響については以下を参照願います。

詳細:「PDF ETERNUS BE50 バックアップアプライアンス注意事項
(参照: 2.4.2 OpenSSL ‘Heartbleed’ 脆弱性問題(CVE-2014-0160)の影響について)

Java 7 Update 51の適用について

オラクル・コーポレーション社が米国時間の2014年1月14日より提供されたJava 7 Update 51により、Java AppletおよびJava Web StartのJavaプログラムが正常に動作しなくなる事象が生じる場合があります。
つきましては、ETERNUS BE50のJavaプログラムを実行するウェブブラウザ環境に対し、後述する回避策を実施いただけますようお願いいたします。

詳細:「PDF ETERNUS BE50 バックアップアプライアンス注意事項
(参照: 2.6.1 Java 7 Update 51の適用について)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS