GTM-MML4VXJ
Skip to main content

今までに発表した製品:
FUJITSU Storage ETERNUS BE50 S2 バックアップアプライアンス

ETERNUS BE50 S2 バックアップアプライアンスは、2016年6月30日に販売終息しました。
本ページで紹介している情報は、2016年6月30日更新のものです。

ETERNUS BE50 S2 バックアップアプライアンス、[BC-SATA HDD] 論理容量: 4.5TB 期待容量: 45TB ネットワークI/F: 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、[SAS HDD] 論理容量: 5.0TB 期待容量: 50TB ネットワークI/F: 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T

バックアップ要件に特化したオールインワンスタイルのストレージ


製品変遷


概要

重複排除

  • 重複部分を除いた新規データのみ圧縮保存することで、データ量を約90%以上削減可能

災害対策・セキュリティ

  • 遠隔レプリケーション機能を標準搭載
  • 暗号化通信が可能で、高度なデータ保護を実現
  • バックアップ対象のサーバが故障しても、仮想化環境にシステムを復元できる

容易な導入・運用

  • 1筐体で統合バックアップを実現するオールインワン製品
  • WebベースのBE50設定ツールで初期設定を行うため、簡単に導入・運用が可能

注意事項

ETERNUS BE50 S2に関する重要なお知らせ

  • ETERNUS BE50 S2バックアップアプライアンス注意事項
  • ETERNUS BE50 サポート期間について

関連情報

仕様・諸元

装置仕様

  BC-SATA HDD SAS HDD
論理容量注1 4.5TB 5.0TB
期待容量注2 45TB 50TB
処理速度注3 538GB/h 618GB/h
ネットワークインターフェース 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
ネットワークインターフェース数 バックアップ業務用 : 3 (1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
BE50 設定ツール用 : 1
リモートマネージメントコントローラー用 : 1
テープ装置接続用インターフェース(オプション) 12Gbit/s SAS(SASコントローラカード)注4

(注1)1kByte=1,024Byteとして、RAID5にてフォーマットした容量です。
(注2)一般的な企業データを毎週フルバックアップ、毎日差分バックアップし、重複排除 / データ圧縮により書き込める平均的な値です。
(注3)当社の実測値で、ご使用環境により異なります。
(注4)接続可能なテープ装置は弊社営業、または販社パートナーにお問い合わせください。

設置諸元

  BC-SATA HDD SAS HDD
外形寸法 (W×D×H) 435 [483(突起部含む)] × 559 [611(突起部含む)] × 43 mm
19インチラック搭載 (占有ユニット数) 1U
質量 標準:10.9kg [15.4kg注1]
冗長電源ユニット搭載時:
11.7kg [16.2kg注1]
標準:11.0kg [15.5kg注1]
冗長電源ユニット搭載時:
11.8kg [16.3kg注1]
電源条件 電圧 AC100~120V, AC200~240V
相数 単相
周波数 50/60Hz
最大所要電力 標準:173W/h
冗長電源ユニット搭載時:183W/h
標準:183W/h
冗長電源ユニット搭載時:194W/h
最大発熱量 AC200V:最大197W / 709kJ/h注3
AC100V:210W / 756kJ/h
電源コンセント 必要コンセント数 標準:1
オプション(冗長電源ユニット使用時):2注2
コンセント形状 AC100V NEMA 5-15P(平行2Pアース付き)
AC200V NEMA L6-15P準拠(3ピンツイストロック)/IEC60320-C14準拠注3
周囲環境条件 温度 10~35°C
湿度 10~85% (ただし結露しないこと)

(注1)ラック用レール含む
(注2)冗長電源ユニットは別途購入頂く必要があります。
(注3)AC200V環境で、ご使用の場合は、AC200V対応の電源ケーブルを別途ご購入頂く必要があります。

環境への配慮

グリーン製品の提供

グローバルな環境対策に則った当社独自の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有/使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)に基づいた地球に優しい、環境への負荷の少ない「グリーン製品」として提供しています。

Green Policy Innovation グリーン製品のロゴマーク

サポートOS / ソフトウェア

バックアップ対象サポートOS / ソフトウェア

機種 種別 サポートOS / ソフトウェア(注4
PCサーバ
FUJITSU Server PRIMERGY,
基幹IAサーバ
FUJITSU Server PRIMEQUEST,
各社PCサーバ
サーバOS注1 Microsoft® Windows Server® 2003, Standard Edition(SP2)
Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise Edition(SP2)
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Standard Edition(SP2)
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Enterprise Edition(SP2)
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard(SP2)
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise(SP2)
Microsoft® Windows Server® 2008 Datacenter (SP2)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Foundation(SPなし, SP1)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Standard(SPなし, SP1)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Enterprise(SPなし, SP1)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Datacenter (SPなし, SP1)
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation(SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 Essentials(SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard(SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter (SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation(SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essentials(SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard(SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter (SPなし)
Microsoft® Windows Storage Server® 2012 R2 Standard(SPなし)
Red Hat® Enterprise Linux® 5.5
Red Hat® Enterprise Linux® 5.6
Red Hat® Enterprise Linux® 5.7
Red Hat® Enterprise Linux® 5.8
Red Hat® Enterprise Linux® 5.9
Red Hat® Enterprise Linux® 5.10
Red Hat® Enterprise Linux® 5.11
Red Hat® Enterprise Linux® 6.1
Red Hat® Enterprise Linux® 6.2
Red Hat® Enterprise Linux® 6.3
Red Hat® Enterprise Linux® 6.4
Red Hat® Enterprise Linux® 6.5
Red Hat® Enterprise Linux® 6.6
Red Hat® Enterprise Linux® 7.0
データベース Microsoft® SQL Server® 2005(SP4)
Microsoft® SQL Server® 2008(SP3, SP4)
Microsoft® SQL Server® 2008 R2(SPなし, SP1, SP2, SP3)
Microsoft® SQL Server® 2012(SPなし, SP1, SP2)
Microsoft® SQL Server® 2014(SPなし)
Microsoft® SQL Server® Express 2005(SP4)
Microsoft® SQL Server® Express 2008(SP3)
Microsoft® SQL Server® Express 2008 R2(SPなし, SP1, SP2)
Microsoft® SQL Server® Express 2012(SPなし, SP1, SP2)
Microsoft® SQL Server® Express 2014(SPなし)
Microsoft® Exchange Server 2007(SP3)
Microsoft® Exchange Server 2010(SP2, SP3)
Microsoft® Exchange Server 2013(CU3, CU5, CU6, CU7, SP1)
Oracle Database 10g
Oracle Database 10g R1
Oracle Database 10g R2
Oracle Database 11g
Oracle Database 11g R1
Oracle Database 11g R2
Oracle Database 12c
仮想環境注2 VMware® ESX 4.0(Updateなし, 1, 2, 3, 4)
VMware® ESX 4.1(Updateなし, 1, 2, 3)
VMware® ESXi 4.1(Updateなし, 1, 2, 3)
VMware® ESXi 5.0(Updateなし, 1, 2, 3)
VMware® ESXi 5.1(Updateなし, 1, 2)
VMware® ESXi 5.5(Updateなし, 1, 2)
Microsoft® Windows Server® 2008 Hyper-V®(SPなし, SP1, SP2)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Hyper-V®(SPなし, SP1)
Microsoft® Windows Server® 2012 Hyper-V®(SPなし)
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Hyper-V®(SPなし)
FMV, 各社PC クライアントOS注3 Windows Vista®(SP2)
Windows® 7(SPなし, SP1)
Windows® 8
Windows® 8.1

サポートOS/ソフトウェア/ブラウザの詳細は、弊社、または販社パートナーの担当営業までお問い合わせください。

(注1) すべての64bit版/32bit版をサポートします。

(注2) サポートしているハイパーバイザーを記載しています。サポートしているゲストOSは、ハイパーバイザーのサポートしている範囲において、上記一覧のOSに準拠しています。

(注3) Windows Vista®は32bit版のみ、その他は64bit版/32bit版をサポートします。

(注4) OSにより、Simplified Disaster Recoveryなど一部の機能がサポートされない場合があります。詳細は以下のドキュメントをご確認ください。

PDF ETERNUS BE50 S2 バックアップアプライアンス注意事項

BE50設定ツールが動作するOS / ブラウザ

機種 種別 サポートOS / ブラウザ
FMV, 各社PC OS注5 Windows® 7(SPなし, SP1)
Windows® 8
Windows® 8.1
ブラウザ Windows® Internet Explorer® 9
Windows® Internet Explorer® 10
Windows® Internet Explorer® 11

サポートOS / ソフトウェア / ブラウザの詳細は、弊社、または販社パートナーの担当営業までお問い合わせください。

(注5) すべての64bit版/32bit版をサポートします。

特長・機能

オールインワン

ETERNUS BE50 S2は、中小規模のバックアップ業務に特化したバックアップアプライアンス製品です。バックアップソフトウェア「Symantec Backup Exec 2014」をプレインストールした筐体の内蔵ディスクに、バックアップデータを格納するため、ETERNUS BE50 S2を1台導入するだけでバックアップシステムを容易に構築できます。
さらに、接続されるクライアント数に制限がないため、追加ライセンスを購入することなく、DB/ファイルサーバや仮想化環境の統合バックアップが可能です。

かんたん導入 / 運用

ETERNUS BE50 S2は、バックアップシステムの構築に必要なハードウェアをあらかじめ搭載し、ソフトウェアをプレインストールした状態で提供します。そのため、煩雑な構成設計が不要です。
また、WebベースのBE50設定ツールで初期設定を行うため、高度な専門知識や技術を必要とせず、簡単に、バックアップを導入・運用することが可能です。

重複排除 / 圧縮機能

ETERNUS BE50 S2は、データの重複排除/圧縮機能を標準搭載しています。固定長のブロック単位で自動的に重複排除を行い、新規データのみを圧縮保存することで、保存データ量を約90%注1以上削減可能です。これにより、BC-SATA HDDモデルでは4.5TB、SAS HDDモデルでは5.0TBの内蔵ディスクにそれぞれ10倍相当のバックアップが可能となり、効率的なディスクバックアップを実現します。
重複排除の方式では、ETERNUS BE50 S2上で重複排除を行う処理性能の優れたインライン方式に加え、クライアント側で重複排除を行い、ネットワーク上のデータ量を削減するプリプロセス方式をサポートし、要件に応じて選択可能です。

(注1) お客様のご使用環境により、異なります。

災害対策

ETERNUS BE50 S2は、遠隔レプリケーション機能を標準搭載しています。異なる拠点のETERNUS BE50 S2にデータを複製でき、災害対策システムの構築に対応します。運用サイト被災時には、災害対策サイトで複製データから仮想マシンを作成する事で、運用サイト復旧まで業務継続が可能です。また、重複排除 / 圧縮後の差分ブロックデータのみ転送するため、安価な低帯域WANを活用でき災害対策システムの構築にかかるコストを削減します。さらに、転送データを暗号化するため、高度なデータ保護を実現します。

P2V変換 注2

物理サーバのシステム領域やデータ領域を、VMware及びHyper-VのゲストOSに仮想変換が可能です。これにより、物理サーバが故障しても、仮想化環境にシステムを復元できるため、物理サーバの復旧を待たずに、迅速なビジネス再開を実現します。

(注2) Physical to Virtual

製品ラインナップ

コストパフォーマンスの優れたBC-SATA HDDモデルに加え、高信頼 / 高性能なSAS HDDモデルをラインナップ。運用サイトの一次バックアップにSAS HDDモデルを適用し、災害対策サイトのBC-SATA HDDモデルに遠隔バックアップするといった使い分けも可能です。

テープバックアップ

接続したテープ装置にデータをバックアップすることができます。
またテープ媒体を活用したデータの外部保管により簡易な災害対策が可能です。

ダウンロード

修正プログラム

ETERNUS BE50 S2は以下のプログラムを使用しております。
修正プログラムにつきましては、以下の通り入手願います。

BE50 設定ツール

ETERNUS BE50 S2が動作環境を設定するためのツールとして搭載しているソフトウェアです。

現在、修正/アップデート情報はありません。

Symantec Backup Exec 2014

ETERNUS BE50 S2がバックアップ機能として搭載しているソフトウェアです。
最新の修正プログラムを適用してください。
[最新のサービスパック]  Symantec Backup Exec 2014ダウンロード 新規ウィンドウが開きます
ご利用には「富士通ID(登録無料)」が必要です。

(注1)最新プログラムはLiveUpdateのWebサービスで自動で確認できます。
(注2)サービスパックの適用にあたっては以下のドキュメントをご確認ください。

BIOS / ファームウェア(RX1330 M1用)

ETERNUS BE50 S2はPRIMERGY RX1330 M1をベースとした製品のため、本サーバのBIOS/ファームウェアを搭載しています。

つきましては、本サーバ「RX1330 M1」の基本制御にかかわるBIOS/ファームウェアの最新版への適用をお願い致します。
[最新プログラム] PRIMERGY > ダウンロード > BIOS / ファームウェア 新規ウィンドウが開きます

(注1)本体のリストから「PRIMERGY RX1330 M1」を選択してください。
(注2)「RX1330 M1」のアップデートツールの詳細情報には、対象機種として「ETERNUS BE50 S2」は表示されませんが動作確認済みです。

Windows® Storage Server 2012 R2 Standard

ETERNUS BE50 S2が採用しているオペレーティングシステムです。
[最新プログラム] Windows UpdateのWebサービスで自動配布される最新プログラムを適用してください。

LAN / その他のドライバ(RX1330 M1用)

ETERNUS BE50 S2はPRIMERGY RX1330 M1をベースとした製品のため、本サーバのLAN/その他のドライバを搭載しています。

つきましては、本サーバ「RX1330 M1」のドライバーの最新版への適用をお願い致します。
[最新プログラム] PRIMERGY > ダウンロード「ドライバ&修正プログラム」 新規ウィンドウが開きます

(注1)「ダウンロード検索」をクリックし、リストから以下を選択してください。

  • 製品名「PRIMERGY RX1330 M1 ラックベースユニット(2.5インチ/450W電源×1)」
  • 型名「PYR1331R2M」
  • OS「Windows Storage Server 2012 R2 Standard」

(注2)該当プログラムの詳細情報には、対象機種として「ETERNUS BE50 S2」は表示されませんが動作確認済みです。

Java Runtime Environment (JRE)

ETERNUS BE50 S2にプレインストールされたServerView RAID Managerで使用するソフトウェアです。

ETERNUS BE50 S2にはJRE 7がインストールされています。Java Updateを使用して、最新の修正プログラムを適用してください。

ServerView RAID Manager

ETERNUS BE50 S2に搭載されているRAIDの状態監視と保守に使用するソフトウェアです。

最新版へのアップデートをお願いします。
[最新プログラム] PRIMERGY > ダウンロード「ドライバ&修正プログラム」 新規ウィンドウが開きます

(注1)「ダウンロード検索」をクリックし、リストから以下を選択してください。

  • 製品名「PRIMERGY RX1330 M1 ラックベースユニット(2.5インチ/450W電源×1)」
  • 型名「PYR1331R2M」
  • カテゴリ「RAID」
  • OS「Windows Storage Server 2012 R2 Standard」

(注2)最新版「ServerView RAID Manager」の詳細情報には、対象機種として「ETERNUS BE50 S2」は表示されませんが動作確認済みです。

ServerView エージェント

ETERNUS BE50 S2には、ServerView Operations Manager のServerView エージェントを搭載しています。ServerView Operations Manager 中央管理用サーバを別途用意することで、ETERNUS BE50 S2が管理可能です。

最新版へのアップデートをお願いします。
[最新プログラム] PRIMERGY > ダウンロード「ドライバ&修正プログラム」 新規ウィンドウが開きます

(注1)「ダウンロード検索」をクリックし、リストから以下を選択してください。

  • 製品名「PRIMERGY RX1330 M1 ラックベースユニット(2.5インチ/450W電源×1)」
  • 型名「PYR1331R2M」
  • カテゴリ「添付ソフト」
  • OS「Windows Storage Server 2012 R2 Standard」

(注2)最新版「ServerView Agents for Windows」の詳細情報には、対象機種として「ETERNUS BE50 S2」は表示されませんが動作確認済みです。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS