GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ETERNUS DX エントリーディスクアレイ「低CO2川崎ブランド’12」に認定

ETERNUS トピックス

2013年2月7日

ETERNUS DX エントリーディスクアレイ「低CO2川崎ブランド’12」に認定

このたび、ETERNUS DX60 S2/DX80 S2/DX90 S2 エントリーディスクアレイが、川崎市による「低CO2川崎ブランド’12」に認定されました。

「低CO2川崎ブランド」とは

低炭素社会のものづくりを応援する川崎市の制度として、ライフサイクル全体でCO2削減に貢献している川崎発の製品・技術などを認定するものです。2009年度から3年間「低CO2川崎パイロットブランド」としての試行期間を踏まえ、今年度から「低CO2川崎ブランド」として本格的に実施されています。

選定理由

ETERNUS DX60 S2/DX80 S2/DX90 S2 は、必要時のみディスクを回転させるMAID注1技術を応用したエコモードを標準機能として搭載しています。また、高効率電源ユニットの採用、冷却ファン回転数の多段階な制御などにより、使用時の消費電力削減を実現し、パフォーマンスを徹底的に追求しています。

「ETERNUS DX80 S2」は、性能面においてSPC Benchmark™注2でクラス世界最高値を達成注3しました。また、上記の省エネ技術を駆使することで、ライフサイクルでのCO2排出量を旧モデルと比較し、記憶容量1GBあたり約46%削減注4しました。

(注1)
Massive Array of Idle Disks。使用頻度の低いディスクドライブのディスク回転を停止させることで、電力を削減するとともに、ディスクドライブの寿命を延長させる技術。
(注2)
ストレージ業界の主要企業が参加するストレージの性能値を評価する非営利団体Storage Performance Councilが定めたベンチマークテスト。
(注3)
ランダムアクセス性能を測定するSPC Benchmark-1™、およびシーケンシャルアクセス性能を測定するSPC Benchmark-2™でクラス最高性能を達成。
(2013年1月28日現在、当社調べ。ベンチマーク結果は以下サイトで公開。)
SPC Benchmark-1™ 新規ウィンドウが開きます
SPC Benchmark-2™ 新規ウィンドウが開きます
(注4)
「低CO2川崎ブランド’12」の算出基準に準ずる。

「低CO2川崎ブランド’12」認定証と盾

今後も富士通のブランドプロミス「shaping tomorrow with you」のもと、今まで培ってきた高い経験、技術力と総合力を活かし、引き続き社会に貢献していけるようなストレージシステムの開発に取り組み続けてまいります。

関連リンク

主な取り組み

性能

信頼性

グローバル展開

ETERNUS製品ラインナップ

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS