GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS DX S5 series >
  7. SONETネットワークによる高信頼かつ高性能なディザスターリカバリー FC over SONET+エクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピー機能

SONETネットワークによる高信頼かつ高性能なディザスタリカバリー
FC over SONET+エクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピー機能

エクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピー機能は、災害やテロ等の事故からデータを守り、素早くリカバリーするための機能です。

エクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピー機能は、ETERNUS AFおよびETERNUS DX(以下、ETERNUS)がサポートするネットワークを介して遠隔地サイト間でデータをコピーする機能です。ETERNUS間をFC over SONET(注1)で接続し、エクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピーを行うことで、高信頼かつ高性能なディザスタリカバリー・システムを実現します。

また、FC over SONETは通信キャリアがバックボーンネットワークとして標準的に使用しているSONET(注2)ネットワークを使用するため、高信頼なディザスタリカバリーシステムを構築することができます。また、ファイバーチャネルフレームをSONETに直接乗せるため、プロトコルオーバヘッドが少ないという特徴があり、高効率かつ低遅延で通信を行うことができます。このため高性能なETERNUSのエクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピー性能をフルに引き出すことができます。

本構成は、富士通とKDDI株式会社共同で東京―大阪間で実際に構築され、高信頼かつ高性能なディザスタリカバリー・システムとして実証検証されています。(参照:プレスリリース)

(注1) FC over SONET: SONETにFCフレームを直接マッピングして広域SANを実現する技術。

(注2) SONET: Synchronous Optical Network:光同期通信網
光ファイバー伝送路に効率よく収容し、経済的なディジタル・ネットワークを形成できるようにするため、ANSI(米国規格協会)が標準化したインターフェースの規格。

FC over SONET+エクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピー機能 イメージ図

効果

  • 高信頼のSONETネットワークを使用するため高信頼なディザスタリカバリー・システムを構築することができます。
  • FC over SONETの使用によりETERNUSのエクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピーの性能をフルに引き出すことができます。

動作環境

サポート
ストレージ
オールフラッシュアレイ ETERNUS AF250
ETERNUS AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム ETERNUS DX200 S3
ETERNUS DX500 S3, DX600 S3
ETERNUS DX8100 S3, DX8700 S3, DX8900 S3
ETERNUS DX90 S2/DX90
ETERNUS DX400 S2/DX400 series
ETERNUS DX8000 S2/DX8000 series
ETERNUS4000 (モデル300以上), ETERNUS8000
ETERNUS3000 (モデル200以上)注3
ETERNUS6000 (モデル600以上)
ファイバチャネルスイッチ ETERNUS SN200 series
サポートサーバ 基幹IAサーバ、UNIXサーバ、PCサーバ
必須ソフトウェア ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
PRIMECLUSTER

(注3) ETERNUS3000のRECは同期転送モードのみサポート

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
(注)最新機種での本機能サポート状況については弊社担当営業へお問い合わせください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS