GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. ソフトウェア>
  8. Oracle Solarisコンテナ:Oracle Solaris 10 新機能

Oracle Solarisコンテナ:Oracle Solaris 10 新機能

概要

Solarisコンテナは、「Solaris ゾーン」と「Solarisリソースマネージャ」の2つの機能から構成されています。

「Solaris ゾーン」は、1つのOS空間を仮想的に分割して複数のOSが動作しているようにみせる、ソフトウェアパーティショニング機能です。Solaris 環境を独立した複数のパーティション(論理空間)に分割して、1台の筐体内に約8000個の仮想Solaris環境を構築することができます。

また、「Solarisリソースマネージャ」は、仮想Solaris環境においてCPUやメモリなどのハードウェアリソースを柔軟に配分するリソース管理機能です。優先度の高い業務に優先的にリソースを配分するなど、リソースの有効活用が可能です。1CPUしか搭載していないサーバでも複数の仮想Solaris環境を構築することができ、ハードウェアリソースの使用率向上を実現します。

特長

  • 仮想Solaris環境は完全に独立
    仮想Solaris環境同士は完全に隔離されており、ある仮想Solaris環境で動作しているプロセスを、他の仮想Solaris環境から見たり、アクセスしたりすることはできません。業務ごとに仮想Solaris環境を構築することで、1台のサーバ上に業務同士が互いに干渉しないセキュアなシステムを構築できます。
  • 柔軟なハードウェアリソース配分が可能
    CPUやメモリなどのハードウェアリソースは、柔軟に各仮想Solaris環境に配分でき、使用状況に応じて動的に変更できます。例えば昼間はオンライン業務にリソースを集中させ、夜間はバッチ処理に集中させるなど、1台のサーバの中で業務の負荷変動に応じて柔軟にリソースを利用できます。
  • Solaris環境をスピーディに構築可能
    新たに業務システムを構築するには、ハードウェアの購入手続き、注文、納入、設定というプロセスが必要です。しかしSolarisコンテナを利用すると、簡単な設定変更により短時間でSolaris環境を用意することができます。ビジネスチャンスを逃さない、スピーディなシステムの構築が可能です。
特長   利用による効果
  • ある仮想Solaris環境で発生したプログラム異常や不正アクセスなどが他の仮想Solaris環境に影響をおよぼさない
  • リソースを柔軟に仮想Solaris環境に配分可能
  • システムの稼働中でも、業務の負荷変動に応じたリソース再配分
  • 業務システムを短時間で構築可能
  • 業務ごとに仮想Solaris環境を用意することで、セキュリティ攻撃や人的ミスによる影響を局所化
  • リソース使用率の向上
  • リソースの効率利用
  • ビジネスチャンスを逃さない

Solarisコンテナ目次