GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. ニュース&トピックス >
  8. 2010年 >
  9. SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センターを設立

SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センターを設立

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種は SPARC Serversです。

SPARC Enterprise + Oracle Database 11g。富士通と日本オラクルが共同でSPARC/Solarisへの移行を推進。

2010年3月3日

富士通と日本オラクル株式会社(以下、日本オラクル)は、クラウド・コンピューティングなどの次世代型ITインフラに対応したソリューションを検証・開発する「SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センター」を設立しました。両社は、本センターで次世代型ITインフラにおける「SPARC Enterprise」および「Oracle Database 11g」の性能検証や移行検証を行い、普及を推進します。

SPARC EnterpriseとOracle Databaseを活用してクラウドを推進

コスト削減、最新技術の活用等を目的に、プライベートクラウド等の次世代型ITインフラへの移行が注目されています。しかし、仮想化インフラの構築、運用管理、既存システムからの移行におけるさまざまな課題により、次世代型ITインフラの採用を躊躇されるケースが少なくありません。

「SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センター」では、当社の「Platform Solution Center」と日本オラクルの「Oracle GRID Center」に設置されている最新ハードウェアおよびデータベースである「SPARC Enterprise」、「Oracle Exadata」、「Oracle Database 11g」を活用して、次世代型ITインフラのソリューションや移行のための標準技術の開発、性能検証、お客様システムのベンチマークテストを実施します。

両社は、本センターでの活動成果をコンサルティングや提案活動等に活かし、お客様の次世代型ITインフラの構築を強力にサポートいたします。また、検証ノウハウを「SPARC Enterprise」と「Oracle Database」の製品開発へ反映し、両製品の密接な連携によるシステム性能の向上を実現してまいります。

「SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センター」の活動

  • 最新テクノロジーを活用した次世代型ITインフラ・ソリューションの開発
    「SPARC Enterprise」および「Oracle Database 11g Release 2」を活用した次世代型ITインフラ・ソリューションの開発・検証を実施します。(第一弾として、2010年度にフラッシュ・テクノロジー を利用したデータベース超高速化ソリューション検証を予定)
  • 次世代型ITインフラへの移行標準技術の研究
    Solarisおよび他社UNIXプラットフォームから「SPARC Enterprise」および「Oracle Database 11g」を活用した次世代型インフラへの移行検証を実施し、プラットフォームおよびデータベース更改時に、お客様が直面する各種の課題を解決する移行標準技術を開発します。

SPARC/Solarisへの移行を支援する「Solaris移行サービス」の提供

本センターを基盤とし、共同開発したソリューションや移行技術の成果をお客様システムに適用するため、当社は「Solaris移行サービス」を提供いたします。

「Solaris移行サービス」は、経験豊富な専任スタッフがお客様がお使いのシステムを分析。移行に関わる費用・期間・リスク等を踏まえ、お客様に最適なSPARC/Solarisへの移行を提案し、スピーディに移行を実施するサービスです。
Solarisプラットフォームに加え、IBMのAIX、HPのHP-UXなどの他社UNIXプラットフォームや、IBMのDB2等の他社データベースソフトから、「SPARC Enterprise」と「Oracle Database」を使用した次世代型ITインフラヘ、安全・安心な移行を実現します。

日本オラクルとの協業強化

当社と日本オラクルは、これまで「SPARC Enterprise」および「Oracle Database 11g」を組み合わせたソリューション開発、共同検証及び、キャンペーン活動等のビジネス推進を実施してまいりました。

2010年1月の米オラクル・コーポレーションによるサン・マイクロシステムズの買収完了を受け、当社と日本オラクルはさらなる協業を目指し、本センターを設立しています。本センターでの活動を通して、両社はSPARC/Solarisビジネスを強力に推進し、お客様システムを支援してまいります。


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。