GTM-MML4VXJ
Skip to main content

日本オラクルと富士通が共同検証を実施

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

優れた性能と移行性を発揮するデータベース環境

2009年7月9日

日本オラクル株式会社(以下 日本オラクル)と富士通株式会社(以下 富士通)とは、最新UNIXサーバSPARC Enterprise™と最新バージョンのOracle Database11gの組み合わせによる共同検証を実施しました。

本検証により、従来システムからの性能向上や、Oracle Database 11gへの優れた移行性が確認されています。

性能向上の実現

SPARC Enterprise M3000とOracle Database 11gのシステムは、 PRIMEPOWER 250と Oracle9i Databaseのシステムに比べて、大幅な性能向上を実現しています。

オンライントランザクション処理性能 約3.5倍
バッチ処理性能 約2.0倍

オンライントランザクション処理性能比較

SPARC Enterprise M3000は、データベースサーバとして優れた性能を発揮する、最新エントリーサーバです。Oracle 11gとの組み合わせにより、オンライントランザクション処理、バッチ処理を問わず、高いスループットを提供します。

Oracle Database11g への優れた移行性

従来システムからの移行においては、互換性の問題や性能劣化をはじめとする様々なリスクが想定されます。これらのリスクを低減し短期間で移行を実現するためには、効率的かつ確実に移行検証を実施する必要があります。
Oracle Database 11gでは移行検証工数を削減するために、「Oracle Real Application Testing」(RAT)を新たに提供しています。本機能により本番環境のワークロードを用いて、より精度の高いテストを行うことができ、これまで以上により安全にシステム変更を行うことが可能となります。
検証用のアプリケーション環境を再作成せず、本番環境のワークロードを取得・別環境で再現する事ができるため、SQL実行テスト、パフォーマンス・テストなどを効率的に実施できます。
「Oracle Real Application Testing」機能を利用した今回の検証の結果、従来の移行方法に比べて、移行作業の低減や、互換性や性能劣化等の問題に対するリスク低減を確認することができました。


本検証システムの概要および検証結果は、下記をご参照ください。

また、本検証結果およびアップグレード・ソリューションの詳細を、8月19日、8月26日に開催される共同セミナーにてご紹介します。

本検証は、日本オラクル内に設立された共同検証施設であるOracle GRID Centerにおいて実施しました。 富士通はOracle GRID Center開設に賛同し、富士通のもつサーバ、ストレージ製品を使用してOracle GRID Centerにて共同で技術検証を行っております。

日本オラクルと富士通は、高性能・高信頼なシステムでお客様のビジネスに貢献するために、今後も密接なアライアンス活動を展開してまいります。


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。