GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. SPARC Enterprise 徹底解説 >
  8. 当社専門スタッフが稼動状況を常時監視するリモート通報機能

当社専門スタッフが稼動状況を常時監視するリモート通報機能

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。


関連製品:SPARC Enterprise M3000, M4000, M5000, M8000, M9000
SPARC T4-1, T4-2, T4-4


リモートサポートによるトラブルの未然防止

運用・保守サービスSupportDeskご契約により「リモート通報機能」を標準提供します。
富士通サポートセンターの専門スタッフがSPARC Enterpriseの稼働状況を常時監視することで、トラブルの未然防止を実現します。

ハードウェア障害予兆/異常情報のリモート通報

ハードウェアの障害予兆情報を自動的に検知して、富士通サポートセンターに自動通報。システム管理者にかわって専門スタッフが適切に対応し、トラブルの未然防止を実現します。

また、万一のトラブル発生時には、自動的に通報されたハードウェアの異常情報をもとに、センターの専門スタッフがトラブル箇所の特定、部品の手配、保守要員の派遣までを実施。短時間でトラブル解決を図ります。

ソフトウェアトラブルの調査資料採取

ソフトウェアトラブル発生直後の資料(ダンプなど)の採取・富士通サポートセンターへのE-mail送信も簡単な操作で行うことができ、調査・解析時間の大幅な短縮が可能です。

リモートサポートによるトラブルの未然防止

通報内容 効果
予兆通報 メモリ1ビットエラー
ファン異常
UPS寿命情報
放置するとサーバダウンにつながるエラーを発生前に検知して通報、トラブルを未然に防ぎます。
異常通報 ディスク、温度、電源異常
CPU縮退
CPU異常
メモリマルチビットエラー
I/Oエラー
SCSIエラー
トラブル発生時に、エラー情報を通報、迅速な解析と的確な対応を行います。

一部機種については、上記通報内容に加え、システムダウンの通知も可能です。
リモート通報機能は運用・保守サービス「SupportDesk Standard(サーバ関連)」に含まれております。
サービス内容などの詳細は、SupportDesk Standard(サーバ関連)をご覧ください。