GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. SPARC Enterprise 徹底解説 >
  8. 適用シーンに合わせて、複数のパターンで修正プログラムを提供

適用シーンに合わせて、複数のパターンで修正プログラムを提供

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。


関連製品:SPARC Enterprise M3000, M4000, M5000, M8000, M9000
SPARC T4-1, T4-2, T4-4


当社は、 SPARC Enterprise上で動作するOracle Solarisやドライバで発生した障害を修正したり、機能を追加するために、修正プログラム(パッチ)を提供しています。パッチの信頼性を高めるために、オラクル社 が提供するパッチに対して、さらに当社で適用検証をしてから、お客様に提供しています。

また、当社はシステムへのパッチ適用シーンを考えて、お客様が適用しやすい形式でパッチを提供しています。(運用・保守サービスSupportDeskにて提供)

注:Oracle Solaris 10の場合

推奨&セキュリティパッチ(Recommended & Security Patches)

製品の重大な問題(セキュリティ問題を含む)に対処するためのパッチを提供しています。

推奨&セキュリティパッチには、適用を推奨する、一般的な機能に関する「推奨パッチ(Recommended Patches)」と、セキュリティに関する「セキュリティパッチ(Security Patches)」の2種類があります。

FJ RSPC(FJ Recommended & Security Patch Clusters)

FJ RSPCは、Oracle Solarisの推奨&セキュリティパッチを一定期間ごとに、OSバージョン別に集約したもので、webで提供しています。適用ツールにより、まとめてシステムに適用することができます。パッチを1つ1つダウンロードしたり、適用順序を気にしたりする必要がないので、パッチ適用作業を 簡略化でき、作業時間も短縮できます。

一括修正(PTF)

推奨&セキュリティパッチ以外のパッチも含めて、全てのパッチを集約したものです。全ての修正を一括して適用することができるので、必須パッチの適用もれを防ぎ、高信頼なシステムを構築できます。

一括修正は、3ヶ月に一度、最新のパッチを集約して改版されます。