GTM-MML4VXJ
Skip to main content

PRIMEFLEX for Oracle Databaseが速い理由

PRIMEFLEX for Oracle Databaseは、Oracle Databaseを高速化する仕組みをハードウェアに組み込むことで、高速処理をアシストしています。

データベース高速化をハードウェアがアシスト

Software on Chip

Oracle Databaseを高速化する仕組みをプロセッサ(ハードウェア)に組込むSoftware on Chipにより、高速処理をアシストしています。

  • 10進浮動小数点演算
10進浮動小数点演算ユニットをCPUコアに搭載しているため、ソフトウェア上で2進数データへ変換する必要がなく、10進数データのまま直接演算できるので、高速なデータ処理を実現します。
10進浮動小数点演算は、Oracle Databaseで採用されているOracle Numberもサポートしているため、Oracle Databaseのさらなる高速化が可能です。
売上計算/原価計算などの業務で、処理を大幅に高速化できます。
  • 複数のデータを同時実行
複数のデータを同時に演算処理することができるSIMDアーキテクチャをCPUコアに実装しているため、1度に最大16個の演算を同時に2命令実行することができます。DWHなどの大量のデータ処理を高速化します。
Oracle Database In-memoryオプションに対応しているため、Oracle Databaseのさらなる高速化が可能です。
  • 暗号制御
暗号演算ユニットをCPUコアに実装しているため、高度な暗号形式の暗号/復号をハードウェアで処理します。オーバーヘッドなしで、セキュアなデータベースが構築可能です。
また、Oracle DatabaseのAdvanced Securityに対応しているため、既存のアプリケーションを修正することなく、Oracle Database のデータ不可視化を容易に実現できます。

メモリアクセス性能

データベースに重要なメモリアクセス性能を重視したハードウェア設計により、大量データを高速に処理します。

  • System on Chip
    メモリコントローラをプロセッサに内蔵しているため、プロセッサとメモリの距離を狭めることに成功しました。従来はプロセッサの外部にあったシステムコントローラやメモリコントローラを経由する必要がありましたが、System on Chipによりプロセッサからダイレクトにメモリに接続することができるため、メモリレイテンシを短縮できます。
  • 広帯域なメモリバス
    PRIMEFLEX for Oracle Databaseは、プロセッサとメモリをつなぐメモリバスとして、1CPUあたり8本のメモリバスを実装しているため、高速性を実現できます。

スペシャルチューニング

富士通がこれまで培った構築経験を活かしたスペシャルチューニングにより、Oracle Databaseの性能最適化を実現します。

SMART I/O

一般的なOracle Database システムでは、I/Oボトルネックを起因としたデータベースレスポンスの低下が見られます。
PRIMEFLEX for Oracle Databaseは、当社の豊富なノウハウを結集したスペシャルチューニングにより、I/O処理を最適化し、ハードウェアの性能を最大限引き出します。
このテクノロジーとノウハウが融合した高速化機能「SMART I/O」の実装により、データベースシステムの課題であるI/Oボトルネックを解消し、圧倒的な高速性を実現します。

PRIMEFLEX for Oracle DatabaseのSMART I/Oによる効果
  一般的なOracle Databaseシステム PRIMEFLEX for Oracle Database
CPUコア データベースとI/Oの処理を同一CPUコアで行うため、I/O処理の割り込みにより、レスポンスが低下することがある。 データベースとI/Oの処理を別々のCPUコアで行うため、データベース処理を高速化。
メモリ データをメモリ上に配置しきれず、参照・更新時にストレージへ直接アクセスするため、レスポンスが低下することがある。 大容量メモリを搭載できるため、データをすべてメモリ上へ展開でき、ストレージアクセスを抑制。
ストレージ ログデータ処理が遅く、更新のコミット(完了)に時間がかかり、更新時のレスポンスが低下することがある。 更新用のログデータを高速なFlashメモリに配置することで、更新処理を高速化。
データ転送 瞬間的に大量のデータ転送が発生すると(高負荷時に)パケットロスが起きることがある。 一度に送信するデータ長をネットワークスイッチの最大転送能力に合わせることで、低レイテンシを実現。

PRIMEFLEX for Oracle Databaseに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-T46VJF7