企業情報

社長メッセージ

島根富士通は日本最大のノートパソコン、タブレットなどのユビキタスクライアントデバイス製造拠点です。
生産技術力とIoTを含むICTを活用したスマート製造の実現によるフレキシブルかつマスカスタマイゼーションなものづくりにより、お客様お一人お一人様向けに一台単位でカスタマイズを行った製品をお届けすることで、お客様は製品を受け取った時点で直ちにお使いいただくことが可能となります。
また、従来より培ってきたものづくり力を富士通グループ以外のお客様にもサービス提供いたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。 「ものづくり」は「人づくり」です。島根富士通はこれからもお客様のご要望を満足できる製品やサービスを提供できる人づくりに邁進してまいります。

2021年4月1日
株式会社島根富士通
代表取締役社長 神門 明(ごうど あきら)

プロフィール

社名株式会社 島根富士通
Shimane Fujitsu Limited
所在地住所:〒699-0504 島根県出雲市斐川町三絡1180番6 [地図]Tel:0853-72-2333アクセス:電車でお越しの場合: JR出雲市駅または宍道駅からタクシーで約20分飛行機でお越しの場合: 出雲空港からタクシーで約15分
車でお越しの場合: 山陰自動車道 斐川ICから約3分
代表者代表取締役社長 神門 明(ごうど あきら)
設立1989年12月
事業内容PCタブレット製造、設計・生産受託サービス
更に詳しい事業内容のご紹介
資本金4億5,000万円
(全額富士通クライアントコンピューティング株式会社出資)
従業員数628名(2021年4月)
敷地面積約14万㎡
建屋面積A棟、B棟 各 約2万3000㎡(80m×140m・2階建)

沿革

株式会社 島根富士通の操業期から現在までをご紹介致します。

1990年島根県簸川郡斐川町にて操業開始
1994年ISO9002取得(品質マネジメントシステム)
1995年パソコン生産100万台達成
FMV製造開始ノートブックパソコンへの生産特化
1997年パソコン生産200万台達成
1998年パソコン生産300万台達成
1999年ISO14001取得(環境マネジメントシステム)
2000年パソコン生産500万台達成
B棟増築完了
2002年カスタマイズサービス開始
2003年パソコン生産1000万台達成
生産革新活動の開始
2007年パソコン生産2000万台達成
2011年出雲モデル発表
2012年島根県出雲市より出雲ブランド商品に認定
2013年パソコン生産3000万台達成
ものづくり受託サービス開始
2014年マルチベンダーキッティングサービス開始
2015年第6回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞受賞
第1回JABアワード受賞
2016年ISO27001取得(情報マネジメントシステム)
2019年パソコン生産4000万台達成
2020年島根県より「永年貢献立地企業表彰」を受賞
ページの先頭へ