GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

大平 剛史

oodaira

大平 剛史(おおだいら たけし)

Takeshi Odaira

上級研究員

専門分野

  • 観光と地域産業活性化
  • 個人の社会適応支援
  • 国際関係論・安全保障研究
  • アジア地域研究(ASEAN・東アジア・南アジア)
  • インクルージョン研究
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

資格

  • PhD in International Studies(博士(学術)早稲田大学)(2015年7月)
  • MA in International Relations(修士(国際関係学)国際基督教大学)(2009年3月)
  • BA in International Relations(学士(教養)国際基督教大学)(2007年3月)

経歴

2016年
富士通総研 経済研究所 入社
2015年
早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻 博士後期課程 修了
2009年~2012年
早稲田大学 GCOEプログラム「アジア地域統合のための世界的人材育成拠点GIARI」アジア・フェロー(RA)
2009年
国際基督教大学 大学院行政学研究科国際関係学専修 博士前期課程 修了
2007年
国際基督教大学 教養学部国際関係学科 国際関係論専修 卒業
2002年
愛知県立旭丘高等学校 卒業

最近の研究テーマ

  • 政策研究
  • 個人の社会適応支援
  • 観光と地域産業活性化
  • デジタルインクルージョン(AIインクルージョンx外国人)

著書

  • ODAIRA, Takeshi, Reasons for the Success and Failure of Japan’s Mediation for Intra-State Conflicts in Aid Recipient Countries as Their Top ODA Donor: Case Studies of Cambodia (1997-1998) and Sri Lanka (2002-2009)
    Kindle edn. (ASIN: B010O2R4KC) / iBooks edn. (Apple ID: 1015704664 / Vendor ID: 10080473861) / Kobo (ISBN:1230000523547), ODAIRA, Takeshi (via Amazon Digital Services, Inc. / Apple, Inc. / Rakuten Kobo Inc.), Jun. 29 (Kindle edn. / iBooks edn.) / Jul. 1 (Kobo edition) (2015年)
  • 大平剛史、道下徳成「朝鮮半島における「永い平和」の背景:危機回避の要因分析を手がかりに」植木千可子、本多美樹 編著『北東アジアの「永い平和」:なぜ戦争は回避されたのか』勁草書房、137-167頁(2012年)

論文

学会発表

  • 近藤信一, 浜屋敏, 大平剛史「中小企業の国際化の新モデル模索-岩手県中小企業に対する実態調査からの考察」
    第57回産業学会全国研究会, 相模女子大学, 2019年6月8日

プロジェクト

  • AIによる社会課題の解決の展望に関する調査研究(総務省)2019年
  • AI技術等の活用による社会課題の解決のためのプロジェクトに係る調査研究(総務省)2019年

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。