GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

環境マネジメント

富士通グループ環境方針

理念

富士通グループは、環境保全への取り組みが重要な経営課題であると認識し、IT企業としてその持てるテクノロジーと創造力を活かし、社会の持続可能な発展に貢献します。また、事業活動にかかわる環境法や環境上の規範を遵守するにとどまらず、自主的な環境保全活動に努めます。さらに、豊かな自然を次の世代に残すことができるよう、すべての組織と一人ひとりの行動により先行した取り組みを継続して追求していきます。

行動指針

  • 優れたテクノロジー、ICTプロダクト、ソリューションによる総合的なサービスの提供を通じ、お客様や社会の環境負荷低減と環境効率の向上に貢献します。
  • 環境と経済の両立に貢献するビジネスを積極的に推進します。
  • ICTプロダクトおよびソリューションのライフサイクルのすべてにおいて環境負荷を低減します。
  • 省エネルギー、省資源および3R(リデュース、リユース、リサイクル)を強化したトップランナー製品を創出します。
  • 化学物質や廃棄物などによる自然環境の汚染と健康被害につながる環境リスクを予防します。
  • 環境に関する事業活動、ICTプロダクトおよびソリューションについての情報を開示し、それに対するフィードバックにより自らを認識し、これを環境活動の改善に活かします。
  • 社員一人ひとりは、それぞれの業務や市民としての立場を通じて気候変動対策や生物多様性保全を始めとした地球環境保全に貢献し、更に広く社会へ普及啓発を図ります。

富士通総研  環境スローガン

社会・経済並びに産業の発展を阻害する課題を特定し、具体的な提案を行うと共に、自らの環境負荷を低減する活動を継続することにより、豊かな社会の構築に貢献します。

お客様・社会への貢献を拡大

  • 事業を通じてお客様・社会の環境問題解決に貢献
  • 事業活動の環境配慮を推し進め、コストダウンを実現

富士通グループ グローバル統合認証の取得

ISO14001

当社は、環境マネジメントの国際規格ISO14001において、グローバル統合認証を2005年3月16日付けで取得しました。

登録活動範囲

通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにこれらに関するサービスの提供

登録事業者

富士通グループ(株式会社富士通総研を含む)

認証登録日

1995年9月12日

審査登録機関

株式会社日本環境認証機構(JACO)

登録番号

EC98J2005