GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. アンリツネットワークス社製 「PureFlow WSXシリーズ」 概要

アンリツネットワークス社製 「PureFlow WSXシリーズ」 概要

  概要 | 仕様(WAN高速化) |  仕様(帯域制御) 


アンリツネットワークス社製 PureFlow WSX シリーズ

PureFlow WSXシリーズ ラインナップ

PureFlow WSX は回線帯域最大10Gbit/s対応の国産WAN最適化アプライアンスです。
専用ハードウエア処理による高性能、ディスクレス構造による高信頼性が特徴です。

WAN高速化モデル - TCP高速化+帯域制御が可能な専用アプライアンス装置

  • 最大帯域をオプションにて拡張可能
  • 通信距離遅延を解消し、いつでもどこでもファイル転送を高速化

アンリツPureFlow WSX WAN高速化モデル

帯域制御 - 帯域制御に特化した専用アプライアンス装置

  • 最大帯域・シナリオ数(帯域制御キュー数)をオプションにて拡張可能
  • トラフィック公平制御・バースト抑制により回線利用効率を向上

アンリツPureFlow WSX 帯域制御モデル

PureFlow WSX <WAN高速化モデル>基本運用イメージ

  • PureFlow WSXを、WAN回線の出口に対向設置
  • PureFlow WSXが、ノード間のTCP通信を装置内で終端
  • WAN内は、PureFlow WSX間で高速でデータ転送
  • 高速転送する通信としない通信は自由に設定可能(IP アドレス/ポート番号指定)
  • 高速転送用に、PureFlow WSXに転送用のIPアドレスが必要

PureFlow WSX WAN高速化モデル 基本運用イメージ

PureFlow WSX <帯域制御モデル>基本運用イメージ

ユーザ数に合わせて利用できる帯域を自動調整する公平制御

PureFlowは、利用ユーザ数に合わせて帯域を自動分配できます。
また、分配帯域を使わないユーザがいた場合、その余剰帯域を自動的に他のユーザで公平分配
できるので、帯域専有の抑止、回線利用効率アップ、保守者の負担低減が狙えます。

PureFlow WSX帯域制御モデル 基本運用イメージ

製品情報 (メーカページへリンク)

アンリツネットワークス社製 「PureFlow WSXシリーズ」