プレスリリース

2020年4月13日
富士通ネットワークソリューションズ株式会社

「OPSWAT MetaDefenderシリーズ」による可搬型記憶媒体に潜むマルウェア対策ソリューションの販売開始

マルチエンジン型マルウェア検知機能・ファイルの無害化機能
により重要インフラのセキュリティを強化

富士通ネットワークソリューションズ株式会社注1:以下FNETSは、可搬型記憶媒体(USBメモリ・CD・DVD等)の持ち込みデータに対して、様々なベンダーのアンチウイルスエンジンを同時に利用するマルチスキャン機能および、不正コードなどを除去し安全なファイルに再構築するファイル無害化機能注2を実装した「OPSWAT注3MetaDefender(オプスワット メタディフェンダー)シリーズ」の販売・構築・設置工事・保守まで包括的にワンストップ提供するマルウェア対策ソリューションを2020年4月13日に販売開始します。

「OPSWAT MetaDefenderシリーズ」は、重要インフラ事業者や工場等の情報系ネットワーク環境(以下IT環境)と制御系ネットワーク環境(以下OT環境)が分離されているネットワーク環境において、メンテンナンス要員等により持ち込まれる可搬型記憶媒体に対して、既知の脅威・未知の脅威に対応することができます。

FNETSは、従来より人を対象とした入退室管理システム等を提供しておりましたが、本ソリューションの追加により、人に加えデータの安全性も含めたフィジカルセキュリティソリューションの強化を図り、お客様環境のさらなる安心・安全をご支援します。

背景

Society5.0時代注4において、IT環境とOT環境の融合による新たな価値創出が加速している中、重要インフラ事業者(政府機関・電力・ガス・水道病院、金融機関等)や工場(防衛装備・石油・科学・食品等)など、インターネットに接続していないクローズドネットワーク環境においても、メンテナンス等による可搬型記憶媒体の持ち込みを起因とするセキュリティ脅威が拡大しています。

2020年1月14日に独立行政法人情報処理推進機構より発表された産業用制御システムのセキュリティ 10大脅威(2019年)注5のセキュリティ脅威1位は、「リムーバブルメディア(可搬型記憶媒体)や外部機器経由のマルウェア感染」となっており、内閣サイバーセキュリティセンターの「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る安全基準等策定指針(第5版)改定版」注6では、マルウェアからの保護には優先度の高い重要システムにおいて、マルウェアの検知率向上が期待されるマルチエンジン型のマルウェア検知ソフトや未知の脅威に対応できることを特徴とするホワイトリスト型のマルウェア無効化機能の活用が期待されています。

当社は、フィジカルセキュリティソリューションのラインナップに、マルチエンジン型のマルウェア検知機能とファイル無害化機能を実装し、NIST Cybersecurity Framework注7に対応した「OPSWAT MetaDefender」を追加し、構築・設置工事・保守までワンストップで提供することによりお客様のネットワーク環境を守り事業継続に向けた安心・安全をご支援します。


図1. 利用イメージ

本製品の特長

  1. 最大34社(2020年4月1日時点)のアンチウイルスエンジンを使った高速スキャンにより既知の脅威から保護
    複数のアンチウイルスエンジンを使うことで特定のアンチウイルスエンジンを回避するようなマルウェアの検知を実現します。また、独自技術によりスキャン時間を短縮するため高速マルチスキャンを実現します。
  2. 米国政府最高評価の高度なファイル無害化機能により未知の脅威から保護
    マルウェアの潜んでいる可能性があるマクロやスクリプト等を除外することで、標的型攻撃注8やゼロディ攻撃注9への対応を実現します。また、無害化後のファイルは元のフォーマットを維持することで利用者の利便性を確保します。
  3. KIOSK筐体により簡単導入
    可搬型記憶媒体を持ち込む利用者は、可搬型記憶媒体をKIOSK筐体に挿入しタッチパネルによる直感操作での検疫のため、利用者や管理者の負荷を軽減します。(PCでの導入も可能です。)


図2. KIOSK筐体

今後の取り組み

当社は、本製品の販売だけではなく運用を含めた当社独自のマネージドサービスを開発し包括的なサブスクリプションライセンスの販売、さらには、手のひら静脈認証「FUJITSU生体認証 PalmSecure」注10を利用した本人認証や、入退室管理システム「Stronguard」注11との連携を行っていきます。また、一次代理店となっているA10ネットワークス株式会社注12製品をはじめとした他のネットワーク製品と組み合わせたソリューションを拡充し様々なシーンでお客様のサイバーセキュリティ対策に貢献していきます。

OPSWAT JAPAN株式会社代表取締役社長 皆川文哉氏のコメント

この度の富士通ネットワークソリューションズ様における、「OPSWAT MetaDefenderシリーズ」販売開始を心より歓迎いたします。私たちは2002年創業以来ゼロトラストを基本理念に、脅威の予防、安全なデータ転送のためのプロセス作成、そして安全なデバイスアクセスに重点を置いています。
その結果、業界業種を問わず全世界のお客様に侵害のリスクを最小限に抑える生産的なシステムをご提供しております。この度の富士通ネットワークソリューションズ様による製品の販売・設計構築・工事・保守運用のワンストップサービスの提供により、一層高度なセキュリティシステムのご提供ができるものと確信しております。

OPSWAT Inc. Founder and CEO Benny Czarny氏のコメント

新たなパートナーシップを心から歓迎いたします。

販売モデル

  1. PCによる導入:1,323,000円~
    ※ソフトウェアはサブスクリプションライセンス(年間)となります。
    ※PCおよび周辺装置・構築・設置・保守費用は別途お見積りさせていただきます。

  2. KIOSK筐体による導入:3,163,000円~
    ※ソフトウェアはサブスクリプションライセンス(年間)となります。
    ※構築・設置・保守費用は別途お見積りさせていただきます。

出荷時期

即日

販売目標

2022年度末までに売上3億円(当社の決算期は3月末日です。)

関連Webサイト

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

お客様お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ




プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ