社長挨拶

皆さんこんにちは。富士通エンジニアリングテクノロジーズの延下でございます。

日頃より、弊社をご愛顧賜り、大変ありがとうございます。さて、昨今の新型コロナウィルス感染拡大は、様々な産業に打撃を与えると共に、大きな変革を我々に迫っております。世界はニューノーマル時代に移行しており、これまでの常識は通用しなくなりつつあります。しかし、一方この状況は新しい日本をつくり、競争力を取り戻し、世界で存在感を高める好機と言えるかも知れません。

我々は今まで、様々なお客様のシステム設計・開発及び運用保守サービス、或いはソフトウェアパッケージのご提供を通じて、『安心と信頼』という価値を提供することを目指して参りました。しかし、これからの時代においては、それだけでは不十分との認識でございます。今まで培ってきた『現場力』とともに、お客様の5年後、10年後のありたい姿を共に描き、共に実現する、お客様にとって唯一無二のDXパートナーとなるべく、邁進していく所存であります。

今後ともご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 延下哲朗

【富士通エンジニアリングテクノロジーズ(FETEC)のビジョン】
FETECグループは、
多様化・グローバル化する社会とお客様の幅広いニーズに応え、
お客様に高い価値を継続的に提供し、
お客様にとって、唯一無二のDXパートナーとなるとともに、
社会の発展と人々の幸福に貢献します。

注)当社は富士通グループの社会における存在意義である「パーパス」を堅持し、その実現に向けOne Fujitsuとして取り組みます。
「パーパス」とは社会における富士通グループの存在意義で、Fujitsu Wayの一つの構成要素です。
わたしたちのパーパスは、「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」です。
https://www.fujitsu.com/jp/about/philosophy/新しいウィンドウで表示

ページの先頭へ