GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 第15回テレワーク推進賞で優秀賞を受賞

第15回テレワーク推進賞で優秀賞を受賞

富士通コミュニケーションサービス株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:乙黒 淳)は、一般社団法人日本テレワーク協会が主催する第15回テレワーク推進賞において優秀賞を受賞し、2015年2月12日に表彰式が行われました。

2015年2月13日

「テレワーク推進賞(注)」は、日本テレワーク協会が2000年から、企業・団体におけるテレワークの一層の普及促進を目的に、テレワークの導入や活用、普及支援を行う企業、団体を表彰する制度です。15回目の今年度は、「多様な個性が輝く社会を目指して」がテーマであり、当社のテレワーク推進ビジネスへの取り組みを高く評価され、優秀賞を受賞いたしました。

(注)テレワーク推進賞 後援
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、東京商工会議所、公益財団法人日本生産性部、日本テレワーク学会、フジサンケイビジネスアイ

当社は、雇用の創出、人材育成、活躍の場を提供し、社会に貢献する事業として成長させることを目的に、2010年度からテレワークの取り組みを続けております。富士通の強固なセキュリティ環境と柔軟なICTサービスを活用しながら、創業20年で培った実績、経験、ノウハウを推進力として、より一層、お客様のニーズに応えてまいります。

テレワーク協会会長 宇治則孝 氏(中央左)、当社 代表取締役社長 乙黒 淳(中央右)テレワーク推進部 部長 下田しおん(右)、同部 松下竜之介(左)

発表を行ったテレワーク推進部 部長 下田しおん

第15回「テレワーク推進賞」優秀賞の受賞理由(原文のとおり)

2010年より在宅型コンタクトセンターの取り組みを継続し、特に北九州では自治体とタイアップして2011年から雇用機会創出・地域産業活性化を目指した取り組みを実施。センターと在宅のハイブリット運用、個々人の適性に合せたJOBマッチングなどのきめ細かい運用を定着させている。その結果、在宅オペレーター175名を擁するまでになり、また、離職率も低い。

関連Webサイト

第15回テレワーク推進賞 受賞企業・団体一覧 http://www.japan-telework.or.jp/topics/69.html

【報道関係者お問い合わせ先】

富士通コミュニケーションサービス株式会社
経営企画室(広報担当)
TEL:050-3161-4071

以上

日付: 2015年2月13日
会社名: 富士通コミュニケーションサービス株式会社