デジタルトランスフォーメーション

Digital Transformation

富士通が目指す姿

デジタル技術を活用した取り組みはあらゆるところで進み、戦略企画から実行のステージへと移行しています。しかし、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の状況は一様ではありません。
富士通は、一人でも多くの人々にテクノロジーを通じて「しあわせ(Well being)」をもたらすために、富士通自身がIT企業からDX企業になることで、環境・社会・ビジネスのデジタルトランスフォーメーション(DX)を生み出していきます。

Social Transformation
より豊かな社会システムを
Experience Transformation
自分らしい生き方、自分にあったものを
Industry Transformation
企業価値の最大化を

富士通が目指すDXビジネス

多くの企業がDXビジネスを追求している中で、富士通の最大の強みであるテクノロジーと、
強固な顧客基盤に支えられた業種業務ノウハウを活かして、
お客様、社会が求める価値を実現するDXを追求していきます。

富士通は、テクノロジーとノウハウを活かして、お客様、社会が求める価値を実現するデジタルトランスフォーメーション(DX)を追求します。

DXで変わるビジネス・社会

デジタル社会をリードするDX戦略とテクノロジー

これからの企業経営には、デジタルトランスフォーメーション(DX)が欠かせないという認識がいよいよ高まっています。なぜ今DXが必要なのかを改めて整理し、DXの時代に富士通がお客様に提供できる価値を示していきます。

DXを支える7つのテクノロジーとR&D戦略

「コンピューティング」「AI」「5G」「IoT」「サイバーセキュリティ」「クラウド」「データ」の7つは、最も力を入れる重点領域です。ここでは7つの重点技術領域のそれぞれの研究課題と方向性を解説します。

今更聞けないデジタルトランスフォーメーションの定義とは?

重要性を増しているDXという言葉自体、人によって様々な解釈がありそうです。DXの意味と定義、さらに海外の最新事例も交えて、改めて入門編として解説します。

先行事例からみる、データを活用したビジネス成果の出し方

企業や組織のDX実現を支援する「Design the Trusted Future by Data×AI」は、多様なプロジェクトで大きな成果を出し始めています。様々な課題を解決し、ビジネスを加速させた先行事例を紹介します。

Data×AI ――先駆者が語る成功の秘訣は?

データは次世代の石油と例えられるように、これからのビジネスを動かし、利益を生む源泉といえます。その膨大なデータを活用するために使われるのがAIです。ビジネスの視点でデータとAIを捉え、活用するための課題を探ります。

DXを支えるテクノロジー

デジタルトランスフォーメーション(DX)を支える7つの領域のテクノロジー:コンピューティング、AI、5G、IoT、サイバーセキュリティ、クラウド、データ

DXの実行に不可欠な7つの領域のテクノロジーを
富士通独自の強みで強化していきます。

ページの先頭へ