GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. ライブラリー >
  4. 受賞一覧 >
  5. 「平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」において「科学技術賞(開発部門)」を受賞

「平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」において「科学技術賞(開発部門)」を受賞

4月16日、文部科学省において、平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の表彰式が行われました。富士通グループは、科学技術賞の開発部門で1件5名が受賞しました。

【科学技術賞(開発部門)】
本部門は、我が国の社会、経済、国民生活の発展向上などに寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発、もしくは、発明を行った者を対象としています。

【受賞者】
中川 章(株式会社富士通研究所メディア処理システム研究所イメージシステム研究部部長)
大塚竜志(富士通セミコンダクター(株)アドバンストプロダクト事業本部ホームソリューション設計部プロジェクト課長)
宮坂秀樹(富士通(株)セキュリティソリューション本部企画開発事業部第一技術部部長)
渡部康弘((株)富士通研究所プラットフォームテクノロジー研究所プロセッサソリューション開発部主任研究員)
小林俊輔(富士通九州ネットワークテクノロジーズ(株)第一開発統括部第二開発部)

【案件名】
「デジタル映像の符号化LSIと伝送装置の開発」
地上デジタル放送や大画面テレビの普及などに伴い、映像コンテンツの高精細(HD : High Definition)化が進む一方、FTTHなどの公衆IP網の高速化・低価格化も進み、HD映像を低レート・高品位・低コストで記録・伝送する技術が強く望まれていました。そこで、人間の視覚特性を利用した「H.264対応高品位符号化・低消費電力符号化処理回路技術」、IP網でのデータ誤りを高い能力で訂正可能な「FEC+ARQハイブリッド誤り訂正技術」、および複数の中継地点経由の映像伝送時に生じる色にじみを完全に抑止する「映像品質劣化抑止技術」を開発し、HD映像コンテンツを低レート・高品位・低コストで記録・伝送することを可能とする「H.264映像符号化LSI」、および「H.264業務用映像伝送装置」をいち早く実用化しました。本成果は、PC、カメラ、レコーダなどの様々な民生機器に適用され、誰もが簡単に高品位なHD映像を楽しめるようになりました。また、放送局では安価な公衆IP網経由でプロ用途のHD映像を低コストで伝送することが可能となり、幅広い分野においてHD映像の活用を可能としました。

0416