GTM-MML4VXJ
Skip to main content

「平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」において「科学技術賞(開発部門)」を受賞

文部科学省が主催する「平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」において、富士通グループでは、「光通信用40G LN光変調器(注1) の開発」で、4名が科学技術賞(開発部門)を受賞いたしました。表彰式は4月13日に京王プラザホテルにて行われました。

平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 表彰式

【科学技術賞(開発部門)】
本部門は、我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発若しくは発明を行った者を対象としています。

《受賞者》
箱木浩尚(富士通オプティカルコンポーネンツ オプティカルコンポーネンツ事業部 第二商品部長)
田中剛人(富士通オプティカルコンポーネンツ オプティカルコンポーネンツ事業部)
土居正治(富士通オプティカルコンポーネンツ オプティカルコンポーネンツ事業部)
杉山昌樹(富士通オプティカルコンポーネンツ オプティカルコンポーネンツ事業部)

《業績名》
「光通信用40G LN光変調器の開発」
近年、急増する通信トラフィックに対応するため、ブロードバンドネットワークを構築する40G光伝送システムの構築が急務となっています。このシステムを構成するキーコンポーネントとして40G光信号を生成するLN光変調器がありますが、従来の10G LN光変調器技術では、40Gシステムで使われる光符号化方式に対して、必要な帯域/駆動電圧特性や良好な周波数応答特性が得られないこと、さらに光波長ゆらぎによる伝送品質の劣化の問題がありました。
本開発では、これらの問題を解決するため、従来の性能指数(帯域/駆動電圧)を約3倍改善する広帯域化/低電圧化技術、量産性と良好な周波数応答特性の両立を可能とする周波数特性ディップフリー化技術(注2)、及び、光波長ゆらぎを抑制できる分極反転技術(注3)を開発しました。
本開発により、世界に先駆けて実システムに搭載可能な40G LN光変調器の量産化を実現することができました。
本成果は、既存のネットワークインフラで運用可能な40Gシステムの実現を通して情報化社会を支えるブロードバンドネットワークの構築に大きく寄与しています。

(注釈)
(注1) LN変調器
電気光学効果を持つニオブ酸リチウム(LN: LiNbO3)の結晶を用いた光変調器のことで、電気信号を光信号に変換する光部品。入力電気信号を、光の強度信号に変換する強度変調器や、光の位相信号に変換する位相変調器があります。LN光変調器は、光信号を生成する際に付随的に発生する波長のゆらぎが非常に小さいことが特長で、高ビットレート、長距離伝送、波長多重伝送に適しています。
(注2) 周波数特性ディップフリー化技術
周波数応答特性にディップが発生する要因である空洞共振モードを抑圧するために、チップ側面に抵抗体を設けて、スムースな周波数特性を実現する技術。
(注3) 分極反転技術
電極の長手方向の中央部付近のLNの結晶軸を反転(分極反転)させることにより、一電極駆動で、変調時に発生する光波長ゆらぎ(チャープ)を抑制する技術。

「平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」の「科学技術賞(開発部門)」の受賞者一同

GTM-NPL52N