GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. SAPソリューション >
  4. 導入事例 >
  5. 日本発条株式会社様

SAPシステムの最新化事例 ~FUJITSU ERPモダナイゼーションサービス for SAPソリューション~

No Video
Keyboard shortcuts for the player:
  • F: Fullscreen
  • Esc: Exit fullscreen
  • ↑: Volume up
  • ↓: Volume down
  • ←: 5 sec. back
  • →: 5 sec. forward
  • Space: Play/Pause
  • S: Subtitle On/Off

日本発条株式会社様 導入事例


世界トップクラスのバネメーカーとして躍進を続けている日本発条(以下ニッパツ)様は、2001年にニッパツ本体へのSAPシステム導入をスタートし、その後国内外の関係会社に展開を進めてきました。そして2013年にSAPインフラの保守期限を迎えたことから、コスト・拡張性を見直し、他社からの大々的なリプレースを実施しました。リプレースにあたってはインフラの更新だけでなく、2020年を見据えたSAP基盤の最新化プロジェクトとして推進。結果としてSAPインフラの大幅なコスト削減と拡張性を実現しただけでなく、BCP対策や将来的なSAP最新技術を活用するための基盤としての再構築に成功しました。

[ 2014年10月28日掲載 ]

導入事例概要
業種: 金属製スプリング製造業/自動車部分品・付属品製造業
対象ソリューション: SAPインフラBASISソリューション、ハードウェア(PRIMERGY、ETERNUS NR1000F)、データセンター
導入SE: 株式会社富士通システムズ・イースト
課題と効果
1 TCO削減 arrow2-c 仮想化技術を活用したインフラ基盤への移行により約4割のTCO削減を実現
2 BCP対策 arrow2-c 富士通の最新データセンタへの移設および将来的なDR構築を見据えたインフラ環境の構築
3 SAP最新技術の活用 arrow2-c 将来的なインスタンス統合やHANA/LVMなどSAPの最新技術を適用できる環境を構築

【お客様プロジェクトメンバー】

鈴木 潤一様の写真

日本発条株式会社
企画管理本部
情報システム部 部長
鈴木 潤一

野村 誠一様の写真

日本発条株式会社
企画管理本部
情報システム部
開発グループ 主査
野村 誠一

植田 直孝様の写真

日本発条株式会社
企画管理本部
情報システム部
開発グループ 主査
植田 直孝

【日本発条株式会社様 会社概要】

本社所在地 神奈川県横浜市金沢区福浦3-10
創立 1939年(昭和14年)9月
資本金 170億957万円
事業内容 懸架ばね、自動車用シート、精密ばね、HDD用サスペンション、HDD用機構部品、産業機器(ろう付製品、セラミック製品、配管支持装置、ポリウレタン製品、金属ベースプリント配線板、駐車装置、セキュリティ製品の製造販売)
ホームページ 日本発条株式会社様新規ウィンドウが開きます

  • SAP及びSAPロゴ、SAP R/3、mySAP.com、mySAP Businness Suite、その他のSAP製品は、ドイツ及びその他の国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( (R)、TM )を付記していません。

SAPソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

586-IKB-000